アブガルシア ソルティーステージKR-Xショアジギングのレビュー

更新:2018.4.17 views:3160

目次

アブガルシアのベイトショアジギングロッドを紹介します。

ラインナップ

スピニングモデルもシリーズの中にはありますが、今回はベイトモデルだけに絞ります。

この3つがベイトシリーズになっています。

特徴

どうしてもベイトタックルで100m以上メタルジグをかっ飛ばして、ショアから大型青物と対峙したい。

そういう人のための数少ないベイトタックルでショアジギング可能になるロッドです。

ロッドのテーパーが、レギュラーからレギューラースローということで、適正ウエイトのルアーを使用すれば比較的安定して飛距離を出していけます。

このあたり、ベイトリールを数多く作っているアブガルシアのノウハウが投入されていると感じます。

実際の釣行では、SXJC-1032H80-KRを使用しました。

適正ウエイトは80gとなっていますが、フルキャストしてみて感じでは少し曲がりすぎのような気がします。

60gですと、程よくしなってPE2.0号との組み合わせで100m前後安定して飛距離が出ます。

合わせるリールは同じくアブガルシアのビックシューターコンパクト。

アブ×アブの組み合わせがめちゃくちゃ気持ちいいです。

リールはコンパクトなサイズですが、このロッドに負けないくらい剛性が高いので、安心して使えます。

注意すること

いくら専用ロッドだからと言って、バックラッシュから逃れる事はできません。

釣行を始めた、まだ、体力のあるうちは良いです。

釣行を行っているうちに体力が低下して、腕の力が弱くなってきたときにフォームが崩れたり、力が弱まってきたりとバックラッシュの危険性が高まってきます。

いくらPE2.0号を巻いていても、40gフルキャストでバックラッシュすればラインブレイクが発生します。

青物狙いの場合、ほんの僅かなタイミングでナブラが発生して消えてしまうことが多々あります。

いざという時にバックラッシュなどのトラブルでチャンスを逃してしまうと、残念なので、想定している釣行時間バックラッシュをしないよう練習して、実践投入するのが良い思います。

釣行時には予備ラインも用意しておいたほうが良いでしょう。

その先

使いこなせば、ロッドのパワーとベイトリールの巻き上げパワーで、かなり豪快な釣りが展開できます。

ベイトリールで100m前後の超遠投も可能になり、近距離キャストでは絶対に聞けないスプールの

超高回転サウンド

が病みつきになること間違いなしです。

スプールから巻き上がる水しぶきも相当なもので、すぐに手がずぶ濡れになります。

グローブをしておかないと、手が滑ってバックラッシュします。

まとめ

他にも、ショアジギング用のベイトロッドは存在しますが、この価格でここまでの性能のものは少ないです。

ベイトタックルでショアジギングを始めるなら、このシリーズは入門にもうってつけです。

初めてチャレンジするのであれば、SXJC-962MH60-KRを使って40g前後のメタルジグをキャストするのが良いのではと思います。

慣れてきて、更に強化したいなと思ってから10ft以上のモデルを選ぶのが良いでしょう。

釣具インプレ関連記事











これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]