bash 変数に日付を入れる方法

更新:2018.4.17 views:4930

目次

まずはコマンドラインで試してみる

下記のコマンドを実行することで、変数「today」にYYYYMMDDの形式で日付文字列が格納され、格納された変数の中身がechoによって表示されます。

ポイントは、バッククオートを付与することで、コマンドの実行結果を文字列で変数に代入できるようになります。

date “+(フォーマット)“で「+」を付けてフォーマットを指定することで、任意の形式で日付データを表示できるようになります。

today=`date "+%Y%m%d"`
echo ${today}

実行すると下記のように表示されます。

20180407

シェルとして実行してみる

実際にシェルスクリプトとして実行してみたいと思います。

viで作成したファイル名を指定して起動します。

vi hello.sh

内容は下記のように記載します。

#! /bin/bash
today=`date "+%Y%m%d"`
echo "hello" > ${today}.txt

このままでは実行できませんので、実行権限を付与します。

chmod 755 hello.sh

実行します。

./hello.sh

実行すると、日付が付与されたファイルが作成され、内容に"hello"と書かれています。

まとめ

日々のバックアップやログの移動など、ファイルに日付を付与したいシーンは割とよくあると思います。

この方法を使うことで、ファイルやディレクトリに日付を付与するのが、楽になります。

IT関係関連記事


bash 変数に日付を入れる方法
2018/04/17
 4930 views

Excelのstrconvが動かない
2019/09/07
 6 views








これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]