ブログ記事を効率良く書き続けるための戦略

更新:2019.8.27 views:13

目次

効率の悪いブログの書き方とは

まずは、効率の悪いブログの書き方を紹介します。

  1. 書くときにネタを考える
  2. 書きながら構成を考える
  3. 途中で読み返すと読みづらい
  4. 最初に戻る

このように、勢いで書き始めてしまうと手戻りが発生したり、途中で手が止まってしまったりと効率が悪いです。

どうすれば効率が良くなるか

製造ラインのように毎回決まった手順とおりに組み上げていくことができれば効率よく書くことができます。

ではブログの場合はどうすればよいか。

  1. 書きたいカテゴリを決める
  2. カテゴリに添ったタイトルだけの記事を思い付く限り書き出す
  3. 各記事のアウトラインだけ書く
  4. アウトラインだけの記事を見直す
  5. 順番に記事を書き進める
  6. アウトラインだけの記事がなくなったら最初に戻る

タイトルだけの記事を書き出す量は、最低でも10個は書き出したほうが効率がよいです。

事前に記事の土台を用意する方法

アウトラインだけの記事を効率よく書き出す方法を紹介します。

  1. カテゴリは書きたい第1キーワードとして考える
  2. 第1キーワードを使ってサジェストツールで第2キーワードを生成
  3. 生成した第2キーワードの中から書けそうなものをピックアップ
  4. 第1+第2キーワードで第3キーワードを生成
  5. カテゴリに第1キーワード
  6. タイトルは第1+第2キーワードを含む文章にする
  7. 記事のアウトラインは第2+第3キーワードを組み合わせて書く

このようにしてサジェストツールを使ってカテゴリ、タイトル、アウトラインに含めるキーワードは決めることができます。

キーワードだけの羅列ではスパムのようになってしまいますので、うまく文章に仕上げるとアウトラインまでが書かれた記事の完成です。

あとは、内容を順番に書き勧めていけば、あらかじめ用意した量の記事はスームズに書き進めることができます。

さらに効率を上げる

第1キーワード、第2キーワードの一覧を作ったら、一度、グーグルアドワーズのキーワードプランナーで検索ボリュームを調べてみると、効果的です。

自分の目で見て良さそうなキーワードを選ぶのもよいですが、データで見て需要のあるキーワードを選定するとキーワード選定の精度が上がります。

稼げるブログの育て方関連記事










これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]