2010年の釣行記録

更新:2017.4.24 views:13

目次

2010-12-05 タックルバランスが重要

釣果

画像

※写真は友人と分けたので少なくなってます

タックル

20cmオーバーも混ざり始め、ようやくいい感じにメバルが釣れ始めました。

使用ルアーについて

今回は初めて購入したガルプミノー1インチのデビュー戦でもありました。

ベビーサーディンがあればミノー1インチはいらないと言う人もいますが、僕が試してみた感じではカナリ良いんじゃないかと思います。

セットするJHはダートに定評のある尺HEAD D Type 1.5gで、タダ巻きから、リフトアンドフォールまで色々試しましたが、どのアクションでも確実にアタリが来ました。

キャストしてから着底までの待ち時間中に釣れていることもあったので、活性がよかったのかもしれませんが、、、

タックルについて

今回、友人と二人で出向いたわけなんですが、タックルの差で釣果が明らかに違いました。

友人はエギングロッドにPE1号でJHとワームは僕と同じものをセットしていましたが、全く釣れず。

いかに、ロッドとラインが重要かということがよくわかる結果が出ました。

初使用ながらなかなかの釣果

2010-12-28:数は釣れるがサイズは今一

1時間半位、A治で釣りをしてきました。 午前中は結構太陽も出てて暖かかったので結構快適でしたが、釣果はいまいち。 いつもは夜中の釣りがメインなので街灯の下で釣りをすれば手堅く良型が釣れるのですが、日中となるとそういうわけに行かず。 漁港内を歩きまわって足元や停泊している船の下なんかを探りながら釣りをしていきました。

結局サイズは15センチくらいの小型ばかりでキープしなかったんだけど、結構短いスパンで釣れたのでそこそこ楽しめました。 みんなは何センチくらいから持って帰ってるだろか?

愛用のケース

ガルプシリーズを愛用していて、入れ物は普通のネジ式のタッパを使ってます。 液漏れは今のところ無いですが、フタの開け閉めでガルプ汁が外側についちゃったりするので、ビニール袋に入れてからカバンに入れてます。

画像

釣果

タックル

2010-12-06:専用タックルを使うと釣れるし楽しさ倍増。

タックルバランスが重要。

使用ルアーについて

今回は初めて購入したガルプミノー1インチのデビュー戦でもありました。 ベビーサーディンがあればミノー1インチはいらないと言う人もいますが、僕が試してみた感じではカナリ良いんじゃないかと思います。

セットするJHはダートに定評のある尺HEAD D Type 1.5gで、タダ巻きから、リフトアンドフォールまで色々試しましたが、どのアクションでも確実にアタリが来ました。 キャストしてから着底までの待ち時間中に釣れていることもあったので、活性がよかったのかもしれませんが、、、

タックルについて

今回、友人と二人で出向いたわけなんですが、タックルの差で釣果が明らかに違いました。 友人はエギングロッドにPE1号でJHとワームは僕と同じものをセットしていましたが、全く釣れず。 いかに、ロッドとラインが重要かということがよくわかる結果が出ました。

釣果

タックル

20cmオーバーも混ざり始め、ようやくいい感じにメバルが釣れ始めました。

2010-11-28:イワシは爆釣

30分ほどA治で竿を出してみましたが、15cm位のメバルが一匹くらいでした。

ううーん、まだまだ渋いですなー。。。

2g位のJHにしてもっと底を意識した釣りにしないと厳しいかな。

そういえば、とある場所でイワシが爆ってるらしいです。

釣果

タックル

2010-11-21:タチウオシーズンですね。

まずはA治にあるいつものポイントで釣行してみましたが、アタリはあるものの乗らず。

周りでは、タチウオが結構あがってました。サイズは指4本となかなか良型。

結局アタリばかりで全く乗らないので移動。

今まで行ったことのないポイントを見つけたので、試しに2、3投してみるとアタリがあるので、さらに2、3投。

なんとか15cm位のメバルが釣れました。

その後、Y島に移動して足元に見えてたシーバス(フッコクラス)を狙ってみたけど乗らず。

ここ最近釣果があまりよくないので、新ポイント開拓してみようかな。

釣果

タックル

2010-11-14:ガルプの汁もれに気をつけよう”

夕方に少しだけ釣りをしてきました。

3時半〜6時くらいにかけて、M礼で釣りをしてきましたが、なかなか厳しい結果となってしまいました。

最悪なことに、ガルプを入れている容器の蓋がきちんと閉まっていなかったようで、鞄の中で漏れていましたorz

とにかくガルプを入れている容器はきつく締めておかないとダメ。

釣果

タックル

2010-11-11:愛用タックルの紹介

いつも釣り場に持ち込んでる道具は以下のような感じです。

持ち運ぶ道具がなるべく少なくて、シンプルな仕掛けで釣りをするのが好きなので、ショックリーダーなしのJH単体をメインでやってます。

ワームはガルプのベビーサーディン。

ロッドとリールは、扱いやすくてトラブルが少なそうなものをチョイスしています。

今後は、BB追加とZPIのWハンドルをセットしたいなーと思っているところです。

釣行記録関連記事

2012年の釣行記録
2017/04/24
 112 views

2013年の釣行記録
2013/01/01
 5 views

2011年の釣行記録
2017/04/24
 186 views



2010年の釣行記録
2017/04/24
 13 views




これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]