hugoのsummaryで出力される文字数を指定した値にする方法

更新:2019.8.1 views:36

目次

summaryの使い方

記事の内容を一部だけ表示する機能が、summaryです。 使い方は、次のコードを書くと表示されます。

{{ .Summary }}

デフォルトでは70文字に設定されているようですので、文字の量が少なくページによっては、内容を伝えきれないかもしれません。

config.tomlを編集する

config.tomlには次のような設定を追加します。

hasCJKLanguage = true
summaryLength = 140

summaryLength = 140ここで設定した数値の数だけ文字が表示されます。

HUGO関連記事









これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]