ライトショアジギングで使うメインラインの選び方

更新:2019.8.15 views:281

目次

メインラインの素材選び

ライトショアジギングで使用するメインラインはPEラインを使うことをオススメします。

ナイロンラインやフロロカンボンラインは20%前後の伸びがあるため、メタルジグを100m前後キャストして10~20m沈めてから魚がヒットしてもフッキングが決まりにくく、テンションフォール時の感度も悪いため、使いにくいです。

数十メートル以内の近距離ストラクチャー打ちや、足元の岸壁ジギングでシーバスやロックフィッシュ狙いであればナイロンライン、フロロカーボンラインも使用可能です。

PEラインの太さ選び

ライトショアジギングで使用するPEラインの太さをシーンごとに分けると次のようになります。

さまざまな場所でライトショアジギングをしたい方は1.5号を選んでおくとよいでしょう。

アクションにもわずかですが影響があります。

細い糸は潮の影響を受けにくい ためアクションに対してジグがよく動いてくれます。また、流れが早いところでも着底させやすいです。

太い糸は糸が沈みにくい ためジグをシャクったときに縦の角度が高くなり、フォール時間を長くできます。流れが早いところでは着底させづらいですが、潮に流してドリフトで釣るという方法が使えます。

どちらがよいとは一概にはいえませんので、釣り場に合わせて選ぶのがよいでしょう。

4本編みか8本編み

PEラインには4本編み、8本編み、12本編みなど、製品によって編み込んでいる本数の数が違います。

本数の違いによる性能の比較を次にまとめました。

本数 コスト 擦れ 飛距離 引張強度
4 × ×
8
12 × ×

どの本数にするか、まよったら8本編みにしておくとよいでしょう。

コスト面で4本編みは非常に優れていますが、ガイドに擦れる音が大きいので、違和感を感じるかもしれません。

メインラインの長さ選び

PEラインの巻量の選び方は次のようになります。

無難なのは200m巻きを買っておくと無難です。1~2回程度の高切れなら釣りを続行できます。

傷んだところを切りながら使っても、1シーズン程度は持ちます。

メインラインとリーダーの結束

ライトショアジギングでPEラインとリーダーを結束する場合はFGノットかPRノットが人気です。

器具なしで組めるFGノットがオススメです。やはり器具を使わずにノットが組めるというメリットが大きいです。

ライトショアジギング以外の釣りでも使えるノットなので覚えておくと便利です。

オススメのPEライン

スーパージグマンX8

PEラインといえば「よつあみ」。

スタンダードなPEラインでこのラインを基準に強度が強いとか、腰が強いとか弱いとか比較されることが多いです。コスパを歌っているラインに比べると少し高いですが信頼性は高いです。

アマゾンでスーパージグマンX8を見てみる

ピットブル8

シマノ製PEラインです。コストパフォーマンスがかなり高く、値段の割に強度が他社よりも強いです。

色落ちがしにくい点も高評価です。

アマゾンでピットブル8を見てみる

弾丸ブレードX8

みんな大好きメジャークラフトのPEラインです。こちらの商品もコストパフォーマンスが高く、ピットブルと比べるとやや腰が強いのが特徴です。

アマゾンで弾丸ブレードX8を見てみる

ライトショアジギング全集関連記事











これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]