ライトショアジギングで使うリールの選び方とオススメ

更新:2019.8.29 views:1016

目次

どんなリールを選べばいいか

ライトショアジギングで使用するリールの必要条件。

この3つは押さえておきたいポイントです。

PE1.5号が200m以上巻ける

ライトショアジギングでは100m前後、メタルジグを飛ばします。

さらに、着水点からボトムまで沈めていきます。

仮に水深が20mあるとすると、単純計算で120mはラインが必要になります。

ラインキャパがPEラインを200m巻いておけば残り80mの余裕があります。

もし、途中でライントラブルが発生して数十メートル短くなっても釣りが続行できます。

100mしか巻いていないと、ライントラブルが発生してしまうと、そこで釣りが続行不可能になってしまいます。

スプールサイズは大きいほうがよい?

PE1.5号を200m巻ければよいのであれば、深溝の小さいリールを使えばよいのかと思うかもしれません。

しかし、2000番、3000番くらいのリールではラインが放出されたときにスプールが痩せていき、ラインとスプールエッジの抵抗が大きくなります。

これによって飛距離の低下やラインをスムーズに送り出しにくくなるのです。

ライトショアジギングであれば、4000番、5000番クラスのリールがバランス良く使えて、ロッドとのマッチングもよいです。

逆に大きすぎるリールの場合、ロッドがそれに対応したガイドになっていないと、リールとバットガイドの角度がつきすぎてライン放出の抵抗になります。

巻取りスピード

ライトショアジギングでは巻取りスピードは早いほどよいです。

まず、早巻きでしか反応しないパターンのときに、60cmや70cm程度の巻取りスピードではかなり早くハンドルを回さなくてはならず、体力の消耗が激しくなります。

ワンピッチジャークやリフトアンドフォールをしたときに、ラインスラックを回収するのも1回転1mのリールであれば1回転で回収できるものが、1.5回転~2回転も回さなくてはならず、テンポよく釣りができません。

もしかすると、キャストしたあとに船が近付いて来たりと、急いでメタルジグを回収したいシーンなんかでも高速で巻き取れるリールが役に立ちます。

できるだけ軽量なボディー

リールの自重ですが、できるだけ軽いものがよいです。

ロッドとのバランスを気にする人もいますが、タックルの総重量を軽くしたほうが疲れにくいです。

重たいジグをフルキャストして、シャクリ続ける必要がありますので、軽い方がよいと分かると思います。

マニュアルリターン

普通のスピニングリールはベールを開けて、ハンドルを回すとベールが帰る機能がついています。

非常に便利な機能ですが、メタルジグを遠投するシーンではキャスト中にハンドルが回ってベールが帰り、高切れの原因になることがあります。

ハンドルが重たいか、キャストフォームに問題があるとこのようなことが起こります。

マニュアルリターンの場合はハンドルを回してベールが帰らないため、この危険性がありません。

リールが大きくなってくると、どうしてもハンドルが重たくなるので、マニュアルリターンがついていると安心してフルキャストできます。

耐久性について考える

リールの素材には金属のものと、樹脂のものがあります。

金属にはアルミニウム系のものがよく使われているのですが、樹脂に比べると合成も高く長く使えるのでオススメです。

樹脂製のリールがまったく使えないのかというと、そんなことはなく樹脂製のリールでもライトショアジギングはできます。

1万円~2万円程度のリールであれば、ボディーが金属のリールを手に入れることができます。

安い樹脂製のリールを買い替えながら使うのも道具を安く上げるコツです。

ベイトリールかスピニングリールか

初心者がライトショアジギングを始めるのであれば、スピニングリールを選択しておいたほうが、快適に釣りを行えます。

ベイトリールが大好きな方はベイトリールで行えばよいですが、飛距離、ドラグ性能、自重、巻取りスピード、トレブルレス性能すべてスピングリールのほうが優れています。

シマノの場合

シマノの場合は4000番台かC5000番のXGリールを選択しておけば間違いないです。

ダイワの場合

ダイワの場合はLTであれば5000番、そうでなければ3000番のハイギアがオススメです。

LTであればサイズの割にかなり軽量な作りになっているので、扱いやすいです。

まとめ

ライトショアジギングで使いやすいリールをまとめると次のようになります。

耐久性や所有感を考えると3万円、4万円と高級なリールが欲しくなりますが、まずは今回紹介したリールでスタートしてみてはどうでしょうか。

ライトショアジギング全集関連記事











これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]