ライトショアジギングでヒラメを釣る方法

更新:2019.8.27 views:261

目次

ヒラメ釣りの魅力

広大なサーフでメタルジグを遠投して座布団のようなヒラメを釣る。

大海原に遠投する気持ちの良さと、大きな高級魚を釣り上げる満足感が魅力です。

ヒラメを狙えるシーズン

ヒラメを狙う場合は、春、秋がオススメです。

ヒラメを狙えるポイント

メインのポイントはサーフ(砂浜)になりますが、底が砂のポイントであれば堤防でも磯でも狙えます。

サーフであれば離岸流と呼ばれる寄せてきた波が引き返していいく場所の付近でヒットすることが多いです。

砂地の場所で岩が点在しているような場所、急に深くなっているような場所などもチャンスがあります。

ヒラメを釣るためのアクション

ヒラメは海底でじっとしているイメージがありますが、実は底べったりというわけではありません。

中層付近を泳ぐベイトフィッシュを狙って浮上していくることがあります。

逆に底をズル引きしているとヒラメじゃない魚がヒットすることのほうが多いです。

メタルジグをキャストしたら、底から1メートルくらい上を引くイメージでタダ巻きがオススメのアクションです。

キャストして最初だけ着底したら、ハンドルを5回~10回程度回して、再度メタルジグを着底させます。

浅いポイントでは着底までが早すぎてベールを開ける時間がありません。

テンションフォールで着底されるのが簡単で手返しよく攻められます。

メタルジグの重さ選び

あえて軽いメタルジグを選ぶ必要はありません。

どちらかといえば、サーフなどではブレークラインが遠い場所があったりするので、最低でも30gがよいでしょう。

40gをメインで使い、フォールスピードを少し落としたいときに30gを使う感じです。

メタルジグのフックセッティング

フロントフックだけでも十分ヒットさせることができるのですが、砂底であることとヒット率を上げられるメリットがあるのでリアにトレブルフックを装着するのがオススメです。

メタルジグのカラー選び

ヒラメに強いカラーはゴールド系です。

朝マズメ、夕マズメ、デイゲームすべてでゴールド系のメタルジグがヒットしやすい傾向にあります。

ヒラメをメインで狙う場合はゴールド系で通してOKです。

ラインセッティング

ヒラメは牙のある魚ですが、タチウオやサワラのように極太ラインやワイヤーを使うほどではないです。

ナイロン、フロロカーボンラインの30lb程度を装着しておけば、問題ないでしょう。

オススメのメタルジグ

リトリーブがメインになりますので、リトリーブ系のメタルジグを使うのがよいでしょう。

飛距離を優先したいので、後方重心のメタルジグが使いやすくヒットさせやすいです。

オススメなのはこのメタルジグです。

前後ともにトレブルフックが装着されていてフッキング率が高いです。

形状が後方重心でコンパクトですので、メタルジグ以外のルアーを飛距離で圧倒できます。

ライトショアジギング全集関連記事











これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]