ライトショアジギングでタチウオを釣る方法

更新:2019.9.11 views:263

目次

タチウオ釣りの魅力

タチウオ釣りの魅力は、難しいテクニックが必要なく、ガツンとくる大きなあたりが魅力です。

指4本クラスになると強烈な引きを楽しむことが出来ます。

そして何より、群れで湾内に入ってくることが多々ありますので、一晩で数十本釣り上げることも可能です。

釣りすぎて筋肉痛になるかもです。

タチウオを狙えるシーズン

タチウオをショア(岸)から狙えるシーズンは、9月〜11月の秋がメインになります。

キビナゴ、イワシの群れが入っているシーズンが狙い目です。

時間帯は夕マズメ〜朝マズメの暗い時間帯がよく釣れます。

夜間は街灯のある漁港などがおすすめです。

タチウオを釣るためのアクション

タチウオは青物ほど高速で動き回る魚ではないですが、表層からボトムまでレンジがコロコロ変わるので、幅広くせることが数を伸ばすコツです。

主なアクションは次のようになります。

ジャークは、ゆっくりと大きくスライドさせるイメージでアクションさせるとヒットしやすいです。

着水からのフリーフォルでヒットすることもあるので、すぐにベールを返せるように準備しておきましょう。

タチウオ狙いのラインシステム

タチウオ狙いで使用するラインシステムについて紹介します。

メインラインはPEラインの1号前後で十分抜き上げられます。

ワイヤーリーダー

タチウオやサワラなどの牙の鋭い魚を狙うときにはワイヤーリーダーを使うことが多いです。

普段使用している6号〜8号程度のナイロンやフロロカーボンラインだと、牙でスパッと切られてしまうことがあります。

これを防ぐためにワイヤーリーダーを使うのです。

ワイヤーリーダーならタチウオの牙では切られることがまずありませんので、安心してファイトできます。

ただし、ワイヤーリーダーのせいで食い渋るシーンがあるようです。

タチウオ専門のジギング船ではワイヤーリーダー禁止のところもあるようです。

もうひとつデメリットとして、ワイヤーリーダーは金属なのでキンクと呼ばれる、ワイヤーリーダーが折れ曲がってしまう現象が起こります。

メタルジグをシャクってテンションが抜けたときに水中でリーダーが折れ曲がって漂う瞬間があるので、気になる人は気になるでしょう。

ナイロンフロロリーダー

ワイヤーリーダーに抵抗がある人や、タチウオの活性が低いときには、ナイロンやフロロカーボンの極太リーダーがお勧めです。

セットの方法は、次のようにします。

  1. PEラインに6号〜8号のリーダー50cmをFGノットで接続
  2. 6号〜8号リーダーの先に80lb〜100lbのリーダー50cmを電車結びで結束
  3. 80lb〜100lbのリーダーの先にソリッドリングかBBスイベルを挟んでメタルジグを結束

ナイロンやフロロカーボンのラインでも、100lbクラスになるとタチウオの牙でも切れにくくなります。

とはいえ、何匹も釣っていると段々と傷ついてきますので、適度に先端のリーダーを交換してください。

中間に6号〜8号のリーダーを入れている理由は、タチウオの牙でリーダーが傷ついたときに先端のリーダーだけをすばやく交換できるようにするためです。

メタルジグの選び方

ライトショアジギングでタチウオを狙うときのメタルジグ選びについて説明します。

タチウオ狙いでは、カラー選択が重要です。

カラー

タチウオに効果的なカラーは、グロー系とパープル系になります。

この3種類にヒットが集中します。

日が昇ってしまうと、シルバー系やゴールド系にも反応します。

しかし、タチウオがショアから釣れやすい暗い時間帯ではグロー、パープルでしか釣れないと言ってもいいくらい、このカラーにバイトが集中します。

ウエイト

ウエイトは普段使っているウエイト範囲で対応できます。

この2つのウエイトを中心に使用すればOKです。

使い分けは、30gをメインで使用して、反応が悪いときに20gを使う感じがよいです。

フックセッティング

アシストフックのリーダーがタチウオの牙で切られることがありますので、気になる人はワイヤーアシストにしておくと良いでしょう。

タチウオのような牙系の魚は後方から噛み付いてくることがありますので、リアにトレブルフックをつけるのもおすすめです。

めんどうなら、フロントのアシストフックを外してリアのトレブルフックだけでも十分釣れます。

リアにトレブルフックをつけると、少なからず根がかりしやすくなりますので注意です。

ケミホタルの必要性

テンヤをやっている人なら、タチウオといえばケミホタルというイメージかも知れませんが、ライトショアジギングで釣る場合、ケミホタルは必要ありません。

アピールを高めたい場合はグロー系のジグを使って蓄光させると良いでしょう。

街灯があるところなら、蓄光させる必要もなく釣れます。

ライトショアジギングでタチウオを狙うときのオススメジグ

メジャークラフト・ジグパラショートの、オールグロー、ゼブラパープル、パープル、トーンパープルがオススメです。

アマゾンでジグパラショートを見てみる。

ライトショアジギング全集関連記事










これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]