HHKBLite2をレビュー!他のキーボードが使えなくなる!?

更新:2018.5.25 views:66

目次

はじめに

hhkblite2

プログラマに人気のハッピーハッキングキーボードについてのレビューです。

現在は、リアルフォースをメインに使用していますが、その前はHHKBLite2を使用してプログラムを書いたり文章を書いたりしていましたので、参考になればと思います。

今も大事に保管していて、たまに気分で使っています。

メンブレンだけどどうなのか

メンブレンキーボードと言うと、デスクトップPCを購入したときに一緒についくるキーボードが大体メンブレンです。

メンブレンキーボードはメカニカルキーボードやリアルフォースが採用している静電容量方式のキーボードに比べて、タイピング感があまり良くないイメージだと思います。

HHKBLite2もメンブレンが採用されているものの、キーの設計はプロフェッショナルに近いものがあり、なかなか悪くない印象です。

実際にタイプした感じも、しっかりしていてうちごたえがよく、長時間タイプしていもあまり疲れません。

さすがに数年に渡り長期間使用した私の所有しているものは、多少ギシギシした感じが出ていて、気持ちよくない時もありますが。

メンブレンにしては打ちやすい!

独自配列が気に入るかどうか

Lite2に限らず、HHKBは普通のキーボードとは違ったキー配列になっています。

主だったところで、独立したファンクションキー、テンキー、ページアップ、ページダウン、ホーム、エンドなどのキーが存在せず、Fnキーとの組み合わせで実現されています。

この配列さえ気にいるのであれば、上は数字キー、下はスペースキー、左はコントロール、右はエンターキーのところまでしかキーがありませんので、ホームポジションから手を手を動かすことなく届く範囲で完結しますので、かなり効率よくタイピングできます。

Lite2にはカーソルキーはありますが、プロフェッショナルになるとカーソルキーもFnとの組み合わせになりますので、最適化がより進みます。

この配列が気に入れば、HHKBを選択する価値はあります。

机の上がスッキリする

キーの数が少ないと言うことは本体が小さいということです。

パソコンを使った仕事をしていると、案外、資料や書籍を机の上に置いて作業をすることが多いと思います。

こういったときに、キーボードがコンパクトであることは机の上が広くなって作業しやすくなります。

机の上がスッキリするので、インテリア的にも美しくなります。

コンパクトボデーのメリットは他にもあって、マウスとの距離が近くなります。

独立したテンキーが付いているフルサイズのキーボードは、マウスまでの距離がかなりあり、マウス操作からのキーボード操作が少し億劫です。

HHKBを使っていると、そもそも、マウスすら操作するのが面倒になりますが、どうしてもマウスを操作するシーンがありますので、これはメリットだと思います。

デメリット

HHKBLite2のデメリットです。

慣れればなれるほど、それが逆にデメリットになるイメージですね。

最終的にはキーボードを持ち歩いて、自分が使うパソコンに接続して使うことになります。

デスクトップならまだしもノートパソコンにキーボードを接続している様子を、プログラマじゃない人が見たら異常に感じるかもしれませんね。笑。

まずは

かなりとんがったキーボードのHHKBですが、いきなりプロフェッショナル行く前にLite2でキー配列が自分に馴染むか試してから購入するのはありだと思います。

LinuxやUnixをメインで使っているような人であれば、Winキーとかファンクションキーとかなくても生きて行けそうなので、いきなりプロフェッショナルでも問題無いと思います。

ただ、プロフェッショナルは2万円以上しますし、ブルートゥースモデルなら3万円台とリアルフォースよりも高価になります。

まずは、Lite2のUSかJPを購入して試してみてはどうでしょうか。

価格帯も6000円前後と手を出しやすい価格になっています。

私の場合は職場で他の人のパソコンを触ることが多いため、今はリアルフォースをメインで使っていますが、HHKBの魅力には時々惹きつけられます。

HHKBLite2で感触を掴んでプロフェッショナルを購入しましょう!

レビュー関連記事

ジェットストリーム
2015/12/15
 3 views

マルマン スパイラルノート
2017/01/04
 84 views



今週のカンブリア宮殿
2009/08/03
 58 views

すぐに稼げる文章術
2016/12/14
 56 views

7つの習慣
2008/06/02
 2 views


三菱鉛筆ハイユニ
2017/01/04
 14 views


これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]