pythonでコードのインポートを行う

更新:2017.3.20 views:37

目次

自前のライブラリやpipやeasy_installを使って入れたライブラリを使えるようにimportする方法。

importで参照できる範囲

pipやeasy_installでインストールしたモジュールなどは、通常パスの通っているディレクトリに配置されるので、あまり意識する必要はなく、importの後に名称を書けば使用することができる。

自前で作ったコードやネットから拾ってきたコードは、既にパスの通っている場所に置くか、環境変数に追加するか、sys.pathに追加する必要がある。

自前で作成したコードやネットから拾ってきたコードをsys.pathを使って、importで使えるようにする

sys.path.append()を使用して、importさせたいコードを置いているパスを追加する。

import sys
sys.path.append('ディレクトリ名')

ディレクトリ名には相対パスも使えるので、ちょっとしたスクリプトを配布したい場合、相対パスで指定しておけば本体のコードとセットで環境依存も少なく、配布もしやすい。

import sys

## 同階層のディレクトリの場合
sys.path.append('./ディレクトリ名')

## 一つ上の階層にあるディレクトリの場合
sys.path.append('../ディレクトリ名')
Python関連記事

PythonでXMLを扱う方法
2020/01/20
 0 views

久しぶりにpython環境を更新
2011/03/25
 4 views








これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]