windowsの「送る」にプログラムを登録して指定したプログラムでファイルを開く方法

更新:2017.11.12 views:0

目次

「送る」にプログラムを登録しておくと良い点

自前でプログラムを作った時や、フリーのアプリなんかを使うときに、ファイルを渡して実行するときに、いちいちコマンドプロンプトを起動してコマンドラインで操作するのが面倒です。

たとえば、.htmlや.xmlをメモ帳で開いたり、拡張子が無いテキストファイルをメモ帳で開きたい時などです。

いちいち、メモ帳を起動して、ファイルをドラッグアンドドロップするのは面倒なので、ファイルを右クリックしたときに表示される、「送る」にプログラムのショートカットを追加して、開けるようにしておけば、画面上で操作できるので、少しだけ実行するまでのスピードがアップすると思います。

また、すでにファイルが関連付けされているけど、関連付けしていないプログラムでファイルを開きたいときにも使えます。

「送る」が参照している場所

「送る」が参照している場所は下記になります。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo

この中に、プログラムのショートカットを置くと、「送る」に表示されるようになります。

作業はこれで完了です。

ちょっとしたことですが、作業が効率よくできるようになります。

Windows関連記事










これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]