Atomエディタでプログラムやテキストを書くときに便利なプラグインと設定

更新:2017.5.3

目次

sublime-style-column-selection

矩形選択を行えるようにする。

alt/optionキーを押しながらマウス操作で、矩形選択ができるようになる。

矩形選択って、データを加工するときに、正規表現使うほどでもない量だったりするときに便利。

ATOMで sublime-style-column-selection をパッケージ検索してインストール。

パッケージはこのあたりを参照。

Sublime Style Column Selection

wordcount

文字数をカウントする。

ステータスバーのところに、文字数を表示できる。

画像

423文字!

file-icons

ファイルタイプに合わせたアイコン表示を行う。

これを入れると、普段、左側にツリー表示されているファイルリストのアイコンが、ファイルタイプごとの絵に変わる。

見た目に楽しめるようになる。

japanese-menu

日本語化。

spell-check

これは、なにか調整すればよいのかもしれないが、僕の環境では日本語チェックが過剰に反応して、下線だらけになってしまったので、オフにした。

atom-runner

スクリプトをAtom上で実行する。

ちょっとしたプログラミングをするときには、いちいちIDEを起動するのが面倒なので、Atom上で実行できると、非常に便利。

操作は簡単。

実行: Alt+R

停止: Ctrl+Shift+C

閉じる: Esc

python3.6の環境で実行したらエラーになった

環境はWindows7、10の想定。

python2.xのときはpythonコマンドが使えたけど、python3.xはpyなのか。

とりあえず、ソースを見てみる。

メニューから。

ファイル -> 環境設定 -> パッケージ -> atom-runner -> 設定 -> View Code

そして、README.mdを見る。

「~/.atom/config.cson」このファイルに設定を書けば、各スクリプトに対応する実行コマンドを設定できるみたい。

windowsを使っているので、“C:\Users\ユーザー名.atom\config.cson"を開く。

「runner:」のブロックを追加して、pythonのところを、pyにする。

"*":
  core:

    ....省略

  runner:
    extensions:
      "_test.go": "go test"
      ps1: "powershell -file"
      "spec.coffee": "mocha"
    scopes:
      coffee: "coffee"
      go: "go run"
      js: "node"
      powershell: "powershell -noninteractive -noprofile -c -"
      python: "py"
      ruby: "ruby"
      shell: "bash"

後は、atomを再起動する。

※README.mdを見る前に、たぶんコマンドを書いているところがあるだろうと、grepして見つけた。

※「lib\atom-runner.coffee」にデフォルトの記述がある。ここをいじるのはダメなんだろうなと予想。

Alt + R でpython実行したら文字化けした

プロンプトで実行するときも、文字化けすることがあり、PYTHONIOENCODINGを指定してあげると解決する。

メニューから。。。

ファイル -> 起動スクリプト…

「init.coffee」が開く。

PYTHONIOENCODINGに関する記述を追加してあげる。

指定するエンコードは、環境に合わせる。

process.env.PYTHONIOENCODING = "utf-8";

autocomplete-python

Pythonの入力候補表示。

これはPython用。

ほかの言語用ももちろんあると思う。

atom-beautify

コードの整形。

インデント幅はきれいにそろえることを意識しているが、急いでいたり、気が付かないうちにずれていることがある。

atom-beautifyプラグインは数多くの言語に対応しているので、普段よく編集しているコードには全て対応している。

このあたりが一番使用頻度が高い。

インストール

さっそくインストールする

いつも通り、ファイル ⇒ 環境設定 ⇒ インストールで「atom-beautify」を検索してインストールをクリックすれば、インストールされる。

設定

設定項目も各言語ごとにたくさんあるが、基本的にはデフォルトで問題ない。

あえて設定したのは、htmlとcssのインデント幅を2にしたことくらい。

あと、設定するなら、折り返し幅くらいだろうか。

これは、使いながら不都合があれば設定してみたい。

デフォルト改行コードを変更する方法

Atomで新しいファイルを作ったとき、改行コードはデフォルトの改行コードが設定される。

この、デフォルトの改行コードを変更したい。

Windowsを使っているけど、改行コードはLFにしたい

ファイル⇒環境設定⇒パッケージ⇒Line Ending Selector⇒設定

※Line Ending Selectorはコアパッケージのところにある。

Default line endingのところを任意の値にする。

LFにしたいので、LFを選択した。

IT関係関連記事










vmwareまとめ
2017/04/25

これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]