今すぐブログを書き始めて、少しばかりのお金と達成感を味わおう

2017.10.17

なぜブログを始めると良いのでしょうか

お金がもらえかもしれないのに、始める敷居がとても低い。

この点がブログの最大のメリットではないでしょうか。

ブログが書けるサービスはたくさんあり、有料のサービスもありますが、殆どのサービスが無料でスタートできて、無料で広告を載せられます。

そして、ブログを書くぞ!と意識し始めたところから、頭のなかではアウトプットすることを意識してインプットを始めるので、吸収力が高まります。

ブログを書く前は何気なく食べていた食事であったり、ぼーと見ていたテレビや映画、音楽、そして購入したガジェットや日用品。

これらすべてが、ブログのネタになります。

自分が体験したことをどうやって記事にしてやろうとか考えると、物事の細部を意識し始めるので、自分の中でも新しい発見があったりします。

そうやって、体験したことをブログに書いていくと、それが記録になり、データになり、過去の自分を振り返るデータベースになります。

データは金になる

もうすっかり情報社会です。

ちょっと前までは、便利なソフトやサービスの価値がとても高かったと思いますが、これからはデータの時代です。

蓄積されたデータをいかに活用するかで、儲かるか儲からないかが別れて来ます。

どんなに優れたソフトやサービスでも基礎となるデータないと、お金にはつながりません。

データ=金です。

と、ブログの話とは少しそれましたが、ブログに書き溜められた記事はデータであり、ちりも積もればではないですが、量が増えていくとそれだけで価値が生まれます。

そして、そのデータに人が集まってくる。

人が集まれば価値が生まれ、お金を手に入れるチャンスも生まれます。

必ず増えるし増えれば増えるほど達成感

当たり前ですが、ブログを書けば書くほど、記事はたまり、積み上がっていきます。

1つ1つは小さいですが、100、1000、10000と増えていけば、とてつもない達成感が生まれます。

1記事1000文字だとして、100記事書けば10万文字。1000記事書けば100万文字ものデータになります。

100万文字というともうなんだか、1冊の本になるのではないかと思えるほどの量です。

ネット上に1000記事、100万文字もの自分のデータが在るってすごくないですか。

それだけあれば、誰かに読んでもらえ、広告などを載せておけば、そこから収入が生まれる可能性があります。

そんなことを考えると、1記事1記事が資産だと思えて来ないでしょうか。

貯金をするためには、お金が必要ですが、ブログは頭と手を動かすだけでデータを蓄積できます。

まとめ

文字を書くだけで資産になる。

それが、ブログだったりサイトだったりインターネット上にデータを作ると言うことになります。

ブログを始めようか迷っているなら、とにかく始めてみてください。

お金の話を置いておいても、自分の記憶を整理できる良い趣味になります。