読まれるブログ記事タイトルの付け方をまとめた

更新:2018.4.9

目次

どんなブログタイトルが読まれるか

初めに考えないといけないことは、ブログのタイトルがどこに露出するかということです。 ブログを公開すると、記事タイトルがいろいろな場所に掲載される可能性がありますが、 大きくは次になるのではないでしょうか。

タイトルが掲載される場所はイメージできたと思います。 実際に書いた記事が読まれるまでの流れは次のようになります。

  1. タイトルを見て興味がわく
  2. タイトルリンクをクリックする
  3. 記事が閲覧される

読まれるタイトルというのは、クリックされるタイトルであり、クリックによって開きたくなるタイトルであるということが分かります。 必要なことはクリックしたくなるタイトルだということです。

クリックしたくなるタイトルとは

多くの人にとって、他人が書いた記事の内容はわかりません。 この前提があるから、特別有名人でもない限り、タイトルに「昨日食べたラーメン」と書かれていても、クリックしたくなりませんし、内容を読んでみたいと思いません。

タイトルには、、、

短い文章で、上記のようなことが表現できている必要があります。

文字数について考える

タイトルの文字数について考えてみましょう。

最適なタイトルの文字数は簡単に調べることができます。考え方としては、どこに記事タイトルが掲載されるかを考えると必要な文字数が分かります。たとえば、グーグルの検索結果に掲載されることを想定すると、32文字程度が検索結果のが面に表示されますので、32文字以内で魅力的なクリックされるタイトルを付ければいいことになります。

検索結果に表示される以外であれば、掲載される媒体の制限に合わせて、最大文字数に収まるような文字数にするとよいです。16文字までであれば、出来るだけ16文字まで近づける、64文字までならば64文字まで近づければ良いです。

32文字までの制限があたっとして、一文字のタイトルや数文字程度のタイトルでも問題ないのでは?と疑問に思うかもしれません。出来るだけ最大文字数に近づける考え方ですが、検索結果のように、だれが書いたものなのかわかりにくい場所に掲載される場合、記事の内容を知る方法は、タイトルしかありません。

数文字のタイトルで記事の内容が伝わればよいですが、なかなか難しいのではないでしょうか。ましてや、ほかの人が書いた記事のタイトルが混合して表示されている状況であれば、なおさら出来るだけ最大文字数まで使って、読み手の気を引くタイトルに仕上げておく必要があります。

まとめると、

指定文字数以内で魅力的なタイトルを付けられるスキルを持っておくと、役に立つことが多いので、いろいろな記事のタイトルを研究したり、本などをたくさん読んでボキャブラリーを増やしておきましょう。

タイトルの書き方について考える

タイトルを書くときのアプローチには、、、

意味が分からないと思いますが、簡単に説明すると、内容をイメージさせるアプローチは、その名の通り、タイトルを読むとそのタイトルが付けられている記事の内容がイメージできるタイトルです。イメージさせないタイトルというのは、いったいどんな内容が書かれているのか、気になって仕方なくさせてしまうタイトルです。

「○○○の作り方」

こういうタイトルは、内容をイメージさせるタイトルで、料理であれば材料な調理方法について詳細に書かれているのだろうなとイメージできます。実用的な記事の場合はこの傾向が多いと思います。

「○○○でした奇跡の体験」

このように書かれていると、○○○の部分は場所だったり、行為だったり一部はイメージできますが、奇跡の体験がどんな内容だったのかイメージできないため、クリックを誘発するタイトルに仕上がるわけです。

記事の内容によって、うまく使い分けることで、クリックされるタイトルになります。

読まれる記事のタイトルに含めたいキーワード

人がタイトルを読む時間は数秒です。この数秒間の内に心をつかむためには、キーワードの存在がとても重要になります。

タイトルを考えるときにすぐ思い付くのが、名詞です。記事内容に合わせた名刺をいくつかピックアップしてタイトルに含めます。数にして2個から3個程度を全体の文字数と相談しながら含めるといいでしょう。

記事内容をイメージしやすくさせるための「数字を入れる」です。名詞によって何について書かれた記事なのかをイメージさせるのに対して、数字を含めることは記事の分量をイメージさせることができます。

よくあるパターンが、「○○○にお勧め商品○○選」や「たった○個で劇的に改善できる方法」などの数字を含めたタイトルになります。どんな数字を載せるかは記事内容に合わせて個数だったり、時間だったり、距離だったりします。よく見かける「ポイント○つ」「○選」などにこだわる必要はないです。

こんなタイトルも興味深いと思います。

まとめ

最後になりますが、短いタイトルでも通用するケースもあります。 掲載している媒体自体が記事の内容を表しているようなサイトであれば、短いタイトルでもクリックしてもらえます。たとえばネット小説の目次ページなどであれば、「第1章:始まりの○○○」のようなタイトルでも、タイトルが並んでいるページの時点で、書くタイトルに書かれている内容がイメージできますので、クリックされます。

※目次ページまでうまく誘導できればですが。

検索順位も悪くない、記事の内容にも自信があるというのに、アクセスが少ないケース。 つまり、露出は多いのにクリックされないケースですね。 この場合は、一定期間様子を見て、アクセスが伸びてこないようであれば、タイトルを修正することでアクセスが伸びる可能性があります。

それでは、よりよいタイトルを付けられるよう精進していきましょう。

稼げるブログの育て方関連記事










これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]