ブリーデンのベイトロッド「ロケットマル」シリーズをレビュー

2019.5.19

ついに登場

かなり昔から、ブリーデンのベイトフィネスロッドの発売を待ち焦がれていましたが、ついに登場です。 その名も「ロケットマル」!ブリーデンのロッドは程よいハリとしなりで使いやすいイメージがありますので、これは期待大です。

ラインナップ

ロケットマルのラインナップは次の3本です。

ライトゲームで使用するルアーは、この3本があれば、だいたいカバーできそうな感じですね。

TX60BLはメバルかな

まさにベイトフィネスロッドといった感じで、TX60BLはメバリングとかアジングに良さそうです。 ヤマガブランクスのブルーカレントに対抗できそうな性能を持っていそうです。 4lb~6lbくらいのフロロを使って大型のメバルとパワーファイトすると、おもしろそうです。

TX73BMはチニングかな

TX73BMはチニングで使用するルアーウエイトにバッチリはまっていると思います。 チニングでは7gのシンカー+ワームで10g前後使用することが多くなりますので、ちょうどよいです。 ベイトチニングロッドが徐々に増えてきていますが、ロックマルも選択肢の中に十分入りそうです。

もちろんチニング以外にも、バイスライダーを使ったメタルジグゲームも、おもしろそうです。

TX77BHはライトロックかな

TX77BHはロッドのパワーを見ると、38gまでキャスト可能なので1ozシンカーを使った岩場でのロックフィッシ狙いに良さそうです。 これくらいのパワーがあればメタルマルの19、28も快適にキャストできそうです。 メタルジグを使ったショアスローで狙うのも良さそうです。 ガチロックと考えると、PE1.5号以上は最低でも巻きたいので、あくまでライトロックがメインかなと思います。

7ft台で38gMAXのスペックはシーバスの岸壁ジギングにピッタリなきがしますね。

全体的な感想

価格帯的には割と高価格な部類に入るのではと思いますが、ブリーデンファンの人やベイトでライトゲームをしたい人にはよいのではと思います。 気なる点は、グリップがスケルトンシートになっているので、好みが分かれるところでしょうね。

Related.