インプレ DUELアーマードF+PROを使ってみたら良かった

2019.7.9

その昔、この手の系統のラインを安からと使っていたことがありましたが、きしめんになったり、毛羽立ちがすごかったりと、いい思い出がありませんでしたが、どうも、この手のコーティングラインが気になってしまうようで、ちょうど今使っているPEラインの交換タイミングになったので、再びチャレンジしてみました。

パッケージにはPRO書かれているだけあって高級感

DUELアーマードF+PRO

この手の商品は、新感覚だとか高コストパフォーマンスだとかをうたっていることが多いですが、この商品はプロであると主張しています。

そして、安心と信頼の日本製。

とはいえ、1号200mで定価4200円。

実売で3000円を軽く下回る金額でこの品質のものが手に入るのはとてもありがたいです。

数値だけ見るとめちゃくちゃすごいというわけではない

DUELアーマードF+PRO

1号でMAX19lb、MAX9kg、太さ0.18mmというのを見ると、他社のPEラインと比べて強いというわけもないですし、フロロやナイロンと比べて細いというわけでもないですが、市販さ入れているPEライン1号と比べると多くのラインと同程度の性能は持っていると思います。

4本編み以上8本編み以下程度の性能でしょうか。

もちろん、メーカーによって強度はまちまちですので、絶対ではないですが。

太さは、弾丸ブレイドX8の1号と比べると少し太いように思いました。

ですので、弾丸ブレイドX8から巻き替えた時に、少し下巻きを減らさないとスプールから溢れ気味になりました。

ツインパワーXDに巻いてみた

DUELアーマードF+PRO

イエローが眩しい。

メインラインは派手な色が好きですので、このイエローはありだと思います。

出来れば、オレンジ、ピンク、グリーン、ブルーなどの明るめカラーで1号200mのラインナップがあるとありがたいです。

ツインパワーXDとのマッチングもなかなかよいのではないでしょうか。

ノットはFGノットじゃなくても良さそう

カテゴリ的にPEラインになると思っていたので、リーダーを接続するノットはFGでと考えていましたが、何度かノットを組んでみて、どうもやりにくいと感じました。

作業をしている感覚的には、フロロかナイロンに近い質感を感じたので、これはもしかするとモノフィラメントラインだと考えてノットを組んだ方がいいのではと思い、トリプルサージェンスノットの4回回しバージョンでリーダーを組むことにしました。

リーダーに6号ナイロンを結束して、その先にスナップをユニノットで結束した状態で根掛したのですが、しっかりスナップとの結束部分で切れていたので、強度的にはユニノット以上の強度が出ているようなのでこれは十分かなと思います。

ちなみに、交換前のPEラインが弾丸ブレイドX8の1号を同じくナイロン6号にFGノットで結束したときには、PEライン側が切れていたので、メインライン側の強度も十分あると思います。

アーマードF+PROはMAX19lbと記載されていますが、これは案外安定して19lb付近の強度が出せているのでしょうか。

巻き癖が着くらしいけど飛距離はどうなのか

たしかに巻き癖はつきます。

この性質も、モノフィラメントラインに近いと思いますが、これが通常のPEラインよりも飛距離が落ちる原因につながるとはいえなさそうです。

表面はフロロでコーティングされているため、ガイドやリールのスプールエッジの滑りがよいため、飛距離に貢献できると思います。

また、PEラインに比べて若干比重が高いため、風が強いシーンではわずかに糸ふけが抑えられるため、トラブルレスにつながると思います。

デメリットはあるのか

今使っている感じでは、耐久性、飛距離、使い心地において十分満足していますが、太さが1号までしかないところでしょうか。

私がメインで行っている釣りでは1号もあれば十分でありますが、もっと強度を求め始めると1.2号や1.5号が欲しくなってくるかもしれません。