エギングで使うリールの選び方

2018.5.23

エギングで使用するリールの選び方について書いてみたいと思います。

選ぶときのポイントは?

エギングで使用するリールを選ぶときに気にしないといけないポイントがあります。

エギングは、ほかの釣りに比べてシャクリを多用した釣り方になりますので、リールはとにかく軽いほどいいです。

軽ければ、たくさんしゃくっても疲れにつくいので、しゃくる回数が増え、結果的にイカに対してアピールする回数が増え、釣果につながります。

道具が快適じゃないと釣り自体がしんどいものになってしまいますので、ここは大事なポイントです。

ラインキャパは、使用するラインが欲しい量、巻くことが出来れば問題ないので、好きなリールを選らべばOKです。

基準としては、PEラインの0.6号が150mから200m巻けるものであれば良いです。

ダイワだったら、2500番台、シマノなら、3000番台あたりがPE0.6号が200mほど巻けるので、オススメです。

言い忘れましたが、リールのタイプはスピニングリールにしてください。

ベイトリールでエギングをすることは不可能ではないですが、よほどのベイトリール好きではないと、スピニングリールに比べてメリットがほとんどないので、オススメできません。

0.6号が150m巻ければ十分釣りはできるが、自信がなければ200m巻いとく。

スプールは大きい方が良い?

大きくて軽いリールは高価です。なので、1000番台で浅溝じゃないスプールのリールであれば、PE0.6号が150m巻けるし、軽いし、安いし、いいじゃないかと思いますが、スプールが小さいとデメリットがあります。

小口径のリールでエギングをするときのデメリットは、

エギングでは、ラインスラック、つまり、糸ふけを回収するシーンが多くあります。 この時、ラインにはテンションがあまり掛かっていない状態になっていますので、小口径のスプールではうまく巻き取れず、スプールにラインが切れに収まっていない状態、ピョンキチがはっせする確率が上がります。 こうなってしまうと、ライントラブルの対応に時間を取られて、快適な釣りが出来なくなったり、時合を逃してしまう可能性がありますので、スプールサイズは、

にしておいた方が無難です。

もう一つ、小口径スプールのデメリットとしては、飛距離が落ちる点があります。

スプールが小さいと、キャストした時、ラインにかかる抵抗がどうしても、大きくなってしまいますので、結果、飛距離が落ちることにつながります。

スプールが大きいほど飛距離も出るしトラブルも少ないが重たくなる事とのトレードオフ。

シングルハンドルかダブルハンドルか?

エギングで使用するリールがほかの釣りで使用するリールに比べて特徴的なのが、ハンドルです。

メバリングやシーバスゲームで使用するリールはほとんどがシングルハンドルで販売されているかと思いますが、エギング用と歌っているリールについては、ハンドルが二つあるダブルハンドルの物があります。

ダブルハンドルのメリットとしては、

エギングではハンドルから手を放してしゃくるテクニックがありますが、これを行っているときにハンドルが勝手に回ってしまうと、ふけた糸がロッドに絡まってトラブルの原因になってしまうことがあります。

こういったことが、ダブルハンドルでは発生しにくいので、おすすめです。

もちろんシングルハンドルのエギング用リールも販売されていて、愛用している人もいます。

シングルハンドルは、

少しでも軽いリールを求めるならシングルハンドルになりますし、ハンドルの持ち方によっては、ダブルハンドルが手にあたる事がありますので、それが気にいらない場合はシングルハンドルを選ぶといいと思います。

メーカーのフラグシップモデルならシングルハンドルでもダブルハンドルほどではないにろ、勝手にハンドルが回りにくくなっています。

少しでも軽くしたければシングル。慣性でハンドルが回りにくい方が良いならダブル。

おすすめのリールは?

リールは、ロッドに比べてメーカーが少ないので、シマノかダイワにしておくと良いです。

シマノであれば、セフィアシリーズ、ダイワであればエメラルダスシリーズがエギングをターゲットにしたブランドなので、快適なエギングができます。

結論としては、

この条件を満たしておけば、オールシーズンエギングを楽しめると思います。

ラインが必要量巻ける最軽量なものを選ぶ。