エクセルの書式設定で「0」を表示しないようにする方法

2018.6.19

ユーザ定義書式を指定する

下記の手順で書式設定を行います。

  1. セルを右クリック
  2. セルの書式設定をクリック
  3. 表示形式タブをクリック
  4. ユーザー定義をクリック

「種類(T)」のテキストボックスに、

0;0;

と入力します。

これにより、セルの値が0かマイナスのとき、セルに値が表示されなくなります。

セミコロンの書式ルールは、

プラスのとき;マイナスのとき;ゼロのとき;文字列のとき

となります。

例えば、

a;b;c;d

このように指定すると、

セルの値が、プラスのときは「a」、マイナスのときは「b」、0のときは「c」、文字列のときは「d」が表示されます。

下記のように指定することでも同じことが実現できます。

#

数字にカンマを入れたい場合は下記のようにすると良いです。

#,###

3桁ごとにカンマが表示されるようになります。

まとめ

IF()関数を使っても同じようなことが出来ますが、数式を入れる必要があるため少し面倒ですが、書式の設定であれば簡単に行なえます。