エクセルで文字列の先頭や末尾から文字を切り出す方法

更新:2018.11.1

目次

はじめに

エクセルで文字列から先頭n文字、末尾n文字、文字数を指定して文字を切り出す方法を紹介します。 電話番号や郵便番号の先頭n文字だけ切り出したいシーンでも使えるテクニックです。

エクセルで文字列から文字列を切り出すためには、LEFTRIGHTMID関数を使います。

文字列の左からn文字切り出す

LEFT関数の使い方です。

LEFT(文字列, 文字数)

LEFT関数のサンプルです。

=LEFT("あいうえお",1)

結果は「あ」になります。

特定のセルに文字列が入っていう場合は下記のように使用します。

=LEFT(A1,1)

文字列の右からn文字切り出す

RIGHT関数の使い方です。

RIGHT(文字列, 文字数)

RIGHT関数のサンプルです。

=RIGHT("あいうえお",1)

結果は「お」になります。

特定のセルに文字列が入っていう場合は下記のように使用します。

=RIGHT(A1,1)

文字列の指定位置から文字切り出す

MID関数の使い方です。

MID(文字列, 開始位置, 文字数)

MID関数のサンプルです。

=MID("あいうえお",2,1)

結果は「い」になります。

特定のセルに文字列が入っていう場合は下記のように使用します。

=MID(A1,1)

応用:文字列の指定位置から末尾まで切り出す

LEN関数と組み合わせることで末尾までを実現できます。

LEN関数は指定した文字列の文字数を取得する関数です。

LEN(文字列)

LEN関数のサンプルです。

=LEN("あいうえお")

結果は「5」になります。

特定のセルに文字列が入っていう場合は下記のように使用します。

=LEN(A1,1)

LEN関数を理解したところで、実際に組み合わせて見たいと思います。

「あいうえお」という文字列から先頭1文字を除いた文字列を切り出します。

=RIGHT("あいうえお",LEN("あいうえお")-1)

結果は「いうえお」になります。

=RIGHT("0123456789",LEN("0123456789")-1)

この場合は、「123456789」が切り出されます。

特定のセルに文字列が入っていう場合は下記のように使用します。

=RIGHT(A1,LEN(A1)-1)

MID関数を使っても同じことができます。

=MID("0123456789",2,LEN("0123456789"))

同様に、「123456789」が切り出されます。

特定のセルに文字列が入っていう場合は下記のように使用します。

=MID(A1,2,LEN(A1))

LEN関数を使って全体の文字数を取得すれば先頭n文字目以降を切り出せます。

Excel関連記事





これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]