ベイトリールのドラグ設定を理解する

更新:2018.6.3

目次

ガチガチに締める≠最大ドラグ

ベイトリールにはハンドルの横に星型のドラグノブがついていますが、これを力いっぱい締めた状態が最大ドラグになっていて、ちょっと回りにくくなったところが実用ドラグになっていると思いっていませんか。

半分正解です。

理屈を理解しておかないと、アレ思ったの違う。となります。

MAXまで締めて引っ張ってみる

スプールに糸を100%まき、ドラグを壊れない程度に締め込んで、荷物の重さを測るやつで測ってみてください。

スペックには最大ドラグ5.5kgと書かれているはずなのに、2kg前後で糸が出ます。

「ドラグ壊れた?」と思うかもしれませんが、これが現実です。

実はドラグの強さはラインの巻量によって変わるのです。

最大ドラグを発生する状態

スプールに5m~10m程度の糸を巻いた状態で、ドラグを壊れない程度に締め込んで、同じように測ってみてください。

先程よりも、強くなっていることに気づくはずです。

スプールにラインが100%巻かれている状態では弱い力でスプールを回せますが、ラインがわずかしか巻かれていない状態では強い力がないとスプールを回せないわけです。

テコの原理というやつですね。

つまり、スプールの外形によってドラグの強さが変わるということです。

理解した上で注意する

ラインを100%巻いた状態でラインが切られないようにドラグを設定していても、ラインが減ってくると、ドラグが強くなってしまいますので、ラインブレイクしてしまいます。

これを理解していないと、ラインが減ってドラグが強くなっているのが原因で切れているのにドラグが追いつかずラインを切られた。

と、勘違いしてしまうわけです。

ドラグ2kgとは

ドラグが最大5.5kgのリールで、スプールに糸を100%巻いた状態だと、2kg程度でドラグが滑り始めるとすると弱すぎないかと思いませんか。

実はでショア/陸っぱりから狙う魚でドラグ2kgを何メートルも引き出せる魚はそうそういません。

私の調べでは、ランカーシーバス、ブリやヒラマサの10kgクラスの魚と対峙しても15mも出されないようです。

スプールにナイロンラインを100m巻き、50~60mキャストした状態では3kg程度のドラグ力があり、大物がヒットしても竿のしなりとナイロンライン特有の伸びを利用すると、竿を曲げて踏ん張っていれば魚は寄って来ることになります。

ドラグ2kgを引き出せる魚はそうそういない。

ちなみに、マグロクラスになるとドラグ5kgくらいは発生させておかないと止められないようです。

ドラグは締めるもの

「ドラグは途中で締めるもんだ」という人がいますが、これまでの説明を読むと理解できますね。

沖で魚を走らせて疲れさせてから取り込みたい。

と言うのは、キャストしてスプールからラインが減った状態ではドラグが強すぎて走らせられません。

体力を残したまま岸に寄せてくるとドラグが弱くなり、ラインを出され、あえなくラインブレイクになるわけです。

ドラグは魚との距離が短くなったら締めろ。

最適なドラグ設定とは

ベイトリールは本当に小難しいですね。

ドラグの最適な設定は、ラインがどのくらいスプールから減った状態で、どのくらいのドラグ力を発生させたいかを決めます。

例えばスプールから60mラインが減った状態で2kgのドラグ力を発生させたいとしましょう。

100mラインをまく場合は、40mラインを巻いた状態で、2kgのドラグ力に設定します。

この状態で魚がヒットすると2kgのドラグ力がかかり、糸が出ていくごとにドラグが強くなる計算になります。

魚を寄せてくるときにはラインを巻き取っていくごとにドラグ力が弱くなっていくため、ドラグを締めていかないと、魚が急に走り出します。

魚を取り込んだら、元のドラグ力に戻すわけです。

実釣中はドラグ力を測りなおすことは出来ませんので、感覚を掴むか、スタードラグに印をつけるなどして覚えておくしかないです。

ドラグはラインが出た状態で調整せよ。

気づくこと

細い糸を使っているとどうなるか。

これまでの説明で気づきがあるはずです。

スプールの外径がほとんど変化しないような細いPEラインを巻いた状態だとどうなのかと。

スピニングリールの場合は、PEライン1号が500m巻けるリールに下巻きを入れて150mとか200mまくことがあります。

PE1号なら物によっては、20lbあるからドラグを全力で締めてもドラグは出ないだろうと思っていたら、何回もドラグを出されて大変だったと。

「フルロックのドラグが何回も出された。」

という武勇伝を聞くことがありますが、PE1号程度の細いラインでは、ラインがスプールの外径変化が少なく、実際に100mくらいラインが出ても対してドラグが効いていないので、たくさん出されるわけです。

まとめ

基本的な考え方として、

スプールに巻かれたラインの残量でドラグ力は変わる。

スペックに書かれている最大ドラグ力の数値は、

スプルールに巻かれたラインが最小の値になっている。

ということです。

釣り関連記事









ヘチ釣り
2015/06/29

これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]