ジグパラスロー40gを使ったライトショアジギングでハマチが釣れた

2017.9.30

今日は、近所のポイントに行ってみました。

今年は割りと青物が好調なイメージなので、案外近所でも行けるんではないかと思い、ポイント開拓も兼ねて行ってみました。

まず、ポイントの状況ですが、鳥は1〜2匹飛んでいて、潮はゆる~く流れている感じです。

先発はメタルマル18gを投入。

キャストして着水したら水面から出ない程度の速度でリトリーブとボトムを取ってから1秒に1回くらいのスピードでリトリーブの2パターンで攻めていると、ヒット。

ダツのスレがかり。

画像

このあたりから、ポツポツボイルが始まったがナブラとまでは行かない。

飛距離を伸ばすためにメタルマル28gに交換して、同様のパターンでせめて見ますが、どうにもアタリがない。

ボイルも割りと沖の方で発生していることが多かったので、もしかすると届きさえすれば、良いのが当たるかもと思い、ジグパラスロー40gに変更して遠投。

海の状況も、だんだん良くなって来ているので、表層狙いのリトリーブ主体でジグを操作。

数投目でヒット!少しだけドラグが出る!

そこその重量感なので、これは獲っておきたいと思い、ゴリ巻きはせず魚の向きを意識しながら丁寧に寄せるといいサイズのハマチ。

フロントダブル、リアシングルがガッツリフッキングしていたので、そのままぶっこ抜いて、キャッチしました。

画像

急いで血抜きをして、連発を狙います。

先ほどと同じキャストからのタダ巻きを展開しますが、どうも表層の活性が落ちてきている感じです。

大きめのワンピッチジャークに切り替えると、ガツンとヒット!同時にドラグが出ますが、残念ながらフックアウト。

バラシが2連発したところで、30gとかに変えて方が良かったかもしれませんが、疲れてきたので、ちょっと休憩。

休憩後、数投したらエソがかかってきだしたので、エソパターン入ったなと思い納竿しました。

画像

時間帯

釣果

ヒットルアー

使用タックル