メバルプラッギングに行ってきました

2018.4.14

感想

メバルのサイズはまだ小さいようで、ジグヘッド+極小ワームでなら釣り上げられる状況ですが、今回はプラグ縛りで釣りをしました。

風も強くてなかなかキャストし辛い状況です。

表層にはメバルらしいライズが時々起こっていましたので、フローティング系のルアーで狙いました。

フローティング系のルアーと言っても、あまりたくさん持っていないので、メバペンと夜霧Zのフローティングタイプがメインです。

キャストしても風にかなり流されてしまいますので、あまりロングキャストはせず明暗の境目、船の際、壁際などをピンポイントで狙っていく戦略を取りました。

ランガンしながら、打って行きますが、なかなか一匹が取れない。

幸い、人は少ないので好きなところに入って釣りができます。

人気ポイントも打ちましたが、目視でチェイスを確認できるのですが、バイトには至りません。

サイズも小さめ。

少し移動して、向かい風のほうが釣れる戦略に変えました。

とにかく風に向かって投げる感じです。

向かい風の場合、メバルが食べているベイトが、風に押されて足場の方にたまります。

その付近にルアーを通すとメバルが釣れるという理屈です。

そおして、向かい風、明かりから少し外れたポイントへキャストして、数巻・・・

ようやく待望の1匹が連れました。

メバルプラッギング

とにかく向かい風方向にキャストすることで、どうにか1匹獲ることができました。

その後、何度かキャストしましたが、バイトもなく。

風のせいで体も冷えてきましたので、ここで納竿としました。

ポイント

時間帯

釣果

ヒットルアー

使用タックル