ジグパラで青物(ツバス)ゲット、デュエルヘビーショットでシーバス

更新:2018.9.15

目次

釣行記録

画像

今年は青物が好調なようで、シーバスを狙いつつ青物を狙ってきました。

釣り場に到着して、先発はブリーデンメタルマル19gを使って広範囲に探っていきます。

メタルマル19gなら飛距離もそこそこ出て、小さいサイズの魚にも効果がありますので、シーバス、ツバス両方を狙っていく作戦です。

数投でアタリが出始めますが、なかなかうまく乗りません。

フックサイズが小さいのがネックになっているのかもしれません。

沖の方でボイルが起こり始めましたので、メタルマルからジグパラ30gに変更して遠投して狙います。

アクションは、着底からのスローピッチジャークです。

ボトムを取るのは、はじめの1回だけであとは中層をイメージしながら探っていくとヒットです。

サイズこそツバスサイズですが、なかなか良い引きです。

足元にストラクチャーがありますので、ドラグはフルロックでタモは使わず、ぶっこ抜きでキャッチしました。

すぐに血抜きをして、連発を狙います。

しばらく、メタルジグでキャストをしますが、アタリが出ませんので、デュエルのヘビーショット85sに変更してワンサイズ大きい魚を狙っていく作戦です。

この作戦が功を奏したのか、40m先位の距離でいいサイズの魚がヒットしました。

青物だったらハマチサイズだと思われます。

ベイトリールのパワーでゴリゴリと寄せてくると、シーバスです。

久しぶりのシーバスでサイズもなかなか良いサイズなのでテンションが上がります。

足元まで寄せてタモ入れしようとした瞬間にフックアウトしました。

脱力感がすごいです。

しばらく、ルアーをローテーションしながら、探りますが中々ヒットせず。

終了間際の8時くらいに、ジグパラ30gに再びヒットしました。

ある程度寄せたところで、無念のフックアウトです。

今回の釣行はバラシの多さが反省点となりました。

全体的に、ボイルとヒットポイントが近距離だったので、ミノーを主体とした展開すればもう少し数を伸ばせたようなきもします。

100mのキャストを1回するよりも、50mのキャストを2回したほうが釣れるパターンですね。

ポイント

時間帯

釣果

バラシ:ツバス×3、シーバス60~70cm×1

ヒットルアー

使用タックル

釣行記録関連記事











これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]