シーバス、青物、ヒラメ、なんでも狙える定番ミノー「アイマ サスケ裂波」

2017.3.17

リップレスミノーといえば、サスケ。

僕の中で。

取り敢えず迷ったらサスケ

釣具屋でルアーを補充したいなと思ったら、サスケ。

リップレスミノーの基準と言っても過言ではない。

高次元で汎用的。

もらって嬉しいのも、サスケ。

高価なものだから。

メーカーサイトによると

ルアーマガジンソルト誌にて5年連続タックルオブザイヤーに輝いた

らしい。

どこでも、なんでも釣れる。サスケならね。

僕が行く場所で言えば、シーバスはもちろん。

ヒラメ、マゴチ。

タチウオ。

ハマチなどの青物。

小型のサスケであれば、なんと、メバルも食いついてくる。

場所も、河口から漁港、サーフ、ゴロタどこでも使える。

その秘訣は、1メール潜るか潜らないかのレンジ。

ルアーは潜れば「良い」というものでもない。

絶妙なレンジをベストなアクションで通せることが大事。

そして、飛ぶ。

でも、キャスト練習は必要。

下手くそはキャストしたら回転する。

sasuke 120 裂波 #RP215 マコイワシ

画像

ちょっと使用感でてきたなー。

画像

sasuke 120 裂波 #x3595 サヨリ (限定クラシックカラー)

画像