自宅サーバーを立てるより、レンタルサーバーの方が断然安い。

2017.2.22
Index

自宅サーバーのデメリット

  1. 24時間365日稼働させると電気代が高い⇒月1000円くらいかかるかも。
  2. ハードウェアが故障したら自分で修理するか交換しないといけない
  3. 固定IPが高い。DDNSが面倒。
  4. 万が一大量にアクセスが来たら回線が細いので辛い
  5. 騒音
  6. 停電対策が必要

自宅サーバーのメリット

  1. 勉強になる
  2. なんでも好きな環境が作れる

自宅サーバは、ほぼ勉強目的にしかならない

何か外部に公開してアクセスを集めたいなら、レンタルサーバーを使いましょう。

なんでもやりたいなら、VPSにすればよい。

それでも、月に1000円しないくらいで、提供しているところがあるので、自宅サーバの電気代よりは安い。

静的ページくらいしか載せていないなら、月100円のサーバーで容量も速度も必要十分。

安いところだと、ファイルの転送にFTPしか使えない、SSHでログインできないといった不便さもあるが、最近は100円クラスのレンタルサーバでも、PHPやPythonなどのスクリプトを動かせるところも多いので、工夫すればちょっとしたWEBアプリくらいなら運営できる。

まとめ。

長い目で見て、長期間運営するのであれば自宅サーバーじゃなくてレンタルサーバにする。