ジャンプライズ ぶっ飛び君95S レビュー

2018.4.16

ぶっ飛び君95Sのスペック

画像

全長:95mm
重量:27g
タイプ:シンキング
アクション:ハイピッチワイドスイング
レンジ:0~100cm
フック:ST46 #4

10㎝、30gクラスのシンキングペンシルです。

最近のはやりの重心移動などは搭載されておらず、よく考えられた固定重心タイプになっています。

ぶっ飛び君のみりょく

「ぶっ飛び君」という名前から、釣れるルアーなのか想像がつきにくく、飛距離を求めた特殊なルアーをイメージしてしまいます。

確かに飛距離はかなり出ます。その名通り、ぶっ飛びです。

固定重心でバランスのいい設計になっていますので、下手なメタルジグよりもきれいに飛び、飛距離もまさることがあります。

このルアーを愛用している知人は、なぜかメタルジグよりも飛距離が出ると、お気に入りです。

フックサイズ、スプリットリングサイズも、大物を視野に入れた強度のモノが装着されていますので、かなりの安心感です。

磯でヒラスズキを狙うときに使われていることを考えると、ドラグを絞め気味でも伸ばされないだけの強度を確保しているのでしょう。

ちなみに、PE1.0号で普段使っているライトショアジギタックルでキャストすると、100m近く出ます。

ぶっ飛び君で狙うのは・・・

ターゲットはシーバスに限らず、サーフでのヒラメ、マゴチ、青物狙いに、かなり有効です。

よく行く釣り場では、シンペンに傾向していて、その中でもぶっ飛び君の使用頻度が高いです。

猫も杓子もぶっ飛び君なイメージです。

確かに飛距離も出る、スイム姿勢も良い。

何より、フォール姿勢も良い感じの、魚に効きそうなフォールをしますので、よくできたシンキングペンシルであることは間違いないです。

遠浅のサーフでは、同じ重さのメタルジグだとフォールが速すぎですぐにボトムについてしまうようなシーンがあります。

シンペンなら少しだけフォールを遅くできますので、魚にアピールできる時間が増えることになります。

これが良い釣果につながります。

まとめ

ぶっ飛び君の特徴をまとめておきます。

ちなみに、強度もかなりのものなので、ブリクラスが来ても勝負できそうです。

良いルアーなのですが、1点だけ難点を上げると、、、

実売2000円オーバーになってくるので、お小遣い生活だと、いろんなーカラーをそろえるのは厳しいです。。。