ライトショアジギングの初心者向けタックルを紹介

2019.8.15

ロッドの選び方

9フィート6インチの40gまで投げられるロッドを買いましょう。 シーバスロッドのミディアムクラスでも代用可能ですが、できればライトショアジギング専用設計のロッドを買ったほうが、丈夫で投げやすくしゃくりやすいです。

メジャークラフトのソルパラSPX-962LSJであれば1万円以下で買えて、専用設計なので安心してライトショアジギングを楽しむことができます。

アマゾンでソルパラSPX-962LSJを見てみる

リールの選び方

4000番クラスのスピニングリールを買いましょう。 最低でもPE1.5号が200m以上巻けるリールが必要です。また、巻取り速度もハンドル1回転1m前後は巻き上げられたほうがメタルジグをシャクリやすいですし、高速リトリーブでしか反応しないシーンで楽ができます。

ダイワのレガリスLT4000D-CXHは1万円以下で購入できて、重量も軽く巻き取りスピードも1回転1m弱あるのでオススメです。

アマゾンでレガリスLT4000D-CXHを見てみる

PEラインの選び方

4本編みの1.5号200m巻を買いましょう。 シマノのピットブル4が1000円強くらいで購入できるのでオススメです。 8本編みのほうが性能は高いですが、障害物に擦れてしまったりすることがあるかもしれませんので、初めは4本編みの安いものから慣れていればよいでしょう。

アマゾンでピットブル4の1.5号200mを見てみる

リーダーの選び方

フロロカーボン30lbを買いましょう。 ヤマトヨテグスのリーダーがオススメです。値段の割に性能が高く、さすがラインメーカーという感じです。

アマゾンでフロロショックリーダー30lbを見てみる

ソリッドリングの選び方

4号(4mm)のソリッドリングを買いましょう。 あまり安物のソリッドリングを使うとリーダーとの結束部分が切れることがあります。 カルティバのソリッドリングは品質が高く強度も高いのでオススメです。

アマゾンでカルティバのソリッドリング4号を見てみる

メタルジグの選び方

30gのメタルジグを買いましょう。

30gのメタルジグはほとんどの場所でオールマイティーに使え、100m前後飛距離も出せるので、とりあえずそろえておきたい重さになります。 カラーは、シルバー系、ゴールド系、グロー系の3種類があれば、全天候、時間帯に対応できます。

オススメはメジャークラフトのジグパラショートです。パッケージから出してすぐ使えるというだけあって、別にフックを買ったりスプリットリングを買う必要がありません。初めから付属しているスプリットリングとソリッドリングを接続すればすぐに釣りが始められます。

塗装強度、フック強度も十分で30gに装着されているフックであればブリクラスの青物相手でも十分勝負になります。

初心者の場合、根がかりしてしまうことが多々あると思います。また、リアフックがリーダーを拾ってしまう「エビる」になることもあるでしょう。思い切ってリアフックを外してしまうのも快適な釣りを楽しむためにはよい選択です。

基本的に青物はメタルジグの前方に食いついて来るので、リアフックがなくても釣れます。ジグパラショートのフロントフックはティンセルと呼ばれるヒラヒラがフックについているので、フロントフックにバイトを集中させる効果もあります。

アマゾンでジグパラショートの30gを見てみる

Related.