ライトショアジギングロッドとシーバスロッドの違い

2019.8.29

なぜシーバスロッドをライトショアジギングで使うのか

シーバスロッドをライトショアジギングで使ってしまう理由。

こんな理由でシーバスロッドを使ってライトショアジギングをしているのではないでしょうか。

たしかに、シーバスをメインでやっていて、青物のシーズンにシーバスロッドを使ってジグを投げ、青物を狙うというのは有りといえばありです。

シーバスロッドを持っていない状態で、前述の理由でライトショアジギングのためにシーバスロッドを買うのはちょと待ったほうがよいです。

テーパーの違いを考える

シーバスロッドは、捕食が下手くそなシーバスのあたりを弾かないようにティップが柔らかめになっています。

ハードプラグのリトリーブが主体のシーバスゲームにおいては、ティップの柔軟さによる食い込みのよさが重要になります。

この柔軟はライトショアジギングで行う、メタルジグをしゃくるアクションにはあまり向いていません。

100m近くキャストした先で30g、40gあるメタルジグをキビキビアクションさせるためには、硬めのティップじゃないとうまく動かせないことがあります。

激しくシャクって強烈なアピールをしたいときに不利になるということです。

重量の違い

同じ長さ、似たようなルアーウエイトなのにシーバスロッドは軽いです。

ロッドを作る技術の進歩でロッド自体は年々軽く強くなっていますが、シーバスロッドとライトショアジギングロッドを比べると数10gから100g近い重量差があります。

これは、ロッドの肉厚が違うのです。

ライトショアジギングロッドのほうが肉厚に作られていて、シーバスロッドよりも重量差のぶんだけ頑丈です。

重たいメタルジグをガンガンしゃくっても大丈夫なようになっているので、いくら投げられると言ってもシーバスロッドでメタルジグをしゃくり続けているとロッドの寿命が短くなってしまうのです。

グリップの違い

シーバスロッドよりもライトショアジギングロッドのほうがグリップが長い。

シーバスロッドもエギングロッドに比べれば長いですが、ライトショアジギングロッドはさらに長くなっています。

グリップが長いことのメリットは何でしょうか。

一日中、メタルジグを遠投してしゃくり続けるためには、できるだけ小さい力でこの動作が行える必要があります。

シーバスロッドのように短いグリップではライトショアジギングロッドのように遠投してしゃくるり続けるのは、非常に疲れます。

シーバスロッドでライトショアジギングは有りか?

すでにシーバスロッドを持っていて、たまにライトショアジギングをやる程度なら有りです。

シーバスロッドを持ってなくて、ライトショアジギング用にシーバスロッドを買うのであればやめておいたほうがよいでしょう。

ちなみに、シーバスロッドでメタルジグを使うので有れば次のような組み合わせがよいでしょう。

ルアーウエイトMAXくらいになると、キャストするときに竿が曲がり過ぎてロッドのヘタリが早くなるのと、思ったほど飛距離が伸びないので前述の範囲で使用するのがよいでしょう。

Related.