Linux jheadコマンドで画像ファイルのEXIFを消す

2017.8.2

jheadを使ってコマンドで画像ファイルを検索してEXIFを消す方法

手でexifを消すのがとても手間。

コマンドで一発。jheadがあればね。

jheadが使える環境であれば、findと組み合わせてコマンド一発で簡単ですね。

まとめてアップロードしちゃった後からでも、下のコマンドを実行すれば一発で消せます。

find . -name '*.jpg' -print0 | xargs -0 jhead -purejpg

沢山ファイルが有っても手間がかからないです。

ポイント

findには、-print0オプションを。

xargsには、-0もしくは–nullオプションを指定する。

そうしないと、空白を含んだファイル名のとき、困ったことになる。