Linux jheadコマンドで画像ファイルのEXIFを消す

更新:2017.8.2

目次

jheadを使ってコマンドで画像ファイルを検索してEXIFを消す方法

手でexifを消すのがとても手間。

コマンドで一発。jheadがあればね。

jheadが使える環境であれば、findと組み合わせてコマンド一発で簡単ですね。

まとめてアップロードしちゃった後からでも、下のコマンドを実行すれば一発で消せます。

find . -name '*.jpg' -print0 | xargs -0 jhead -purejpg

沢山ファイルが有っても手間がかからないです。

ポイント

findには、-print0オプションを。

xargsには、-0もしくは–nullオプションを指定する。

そうしないと、空白を含んだファイル名のとき、困ったことになる。

Linux関連記事


Linux tips
2008/05/24









これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]