Linux rmコマンドで消せないほど作ってしまったファイルを消す方法

更新:2019.3.31

目次

rmの限界

rmコマンドが受け取れる引数の数には限度があります。 大量にファイルを削除したい場合には多少テクニックを使う必要があります。 その方法を紹介します。

大量にファイルを生成してしまって消せなくなった

通常であれば、ファイルを生成してしまったディレクトリに移動して、次のコマンドを実行すれば、だいたいの場合は問題ないです。

rm -rf *

とするか、

rm -rf *.*

しかし、何万、何十万と、大量にファイルを作ってしまった場合、rmコマンドで受け付けられるパラメータの数を超えてしまって消せなくなってしまいます。

リストを取得して1個ずつ消す

この例では、cache~というファイルを大量に作ってしまったので、この方法で削除します。

「ls」コマンドの結果をgrepしてrmコマンドに流し込む方法になります。

ls -1 | egrep -e '^cache*$' | xargs rm

「find」コマンドの結果に対して削除する方法。

find ./ -name 'cache' | xargs rm

「xargs rm」を使用することで、「rm」コマンドに渡すパラメータの数を自動的に調整しながら実行してくれるようです。

Linux関連記事










これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]