linux ubuntuのIPアドレスを固定にする方法

2018.5.24

interfacesファイルを修正する

IPアドレスの設定は、/etc/network/interfacesに記載されています。

このファイルを編集して、再起動することで設定を変えることができます。

用心深い人は、元のファイルを別名でコピーして作業するほうが、万が一設定がうまくいかない場合にもとに戻せるので安心です。

cp /etc/network/interfaces /etc/network/interfaces.org

実際に設定を書き換えていきます。

sudo vi /etc/network/interfaces

変更前のファイル。

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).

source /etc/network/interfaces.d/*

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface
auto ens160
iface ens160 inet dhcp

変更後のファイル。

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).

source /etc/network/interfaces.d/*

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface
auto ens160
iface ens160 inet static      # dhcpかstaticに変更
address 192.168.1.20          # 固定IP
netmask 255.255.255.0         # サブネットマスク
gateway 192.168.1.1           # ゲートウェイ
dns-nameservers 192.168.1.1   # ネームサーバ

iface ens160 inet dhcpのところから下の部分が固定IPの設定に変わっています。

再起動

設定変更したら再起動しておきましょう。

sudo reboot

sshなどで接続して作業を行う場合は、万が一IPの設定を間違えて接続できなくなる可能性があることを理解して作業してください。

変更後の確認

IPアドレスの変更が完了したら、意図したとおりの設定になっているか確認します。

ifconfig

ifconfigコマンドを実行してens160のIPアドレスが設定した通りになっていれば成功です。

念の為、pingしておくのも良いでしょう。

ping 192.168.1.1

以上でIPアドレスをDHCPから固定IPへの変更が完了です。

Related.