mac ドラッグロックを使えば、トラックパッドの操作が少し楽になる

2017.9.3

トラックパッドでファイルを移動する時、ドラッグ中に手を離せない。

トラックパッドをタップしたまま手を話さずに、ドラッグするのが難しい。

というか、端まできたら、どうしたらいいのか分からない。

ドラッグロックを使えば解決できる。

ドラッグロックを使えば、ファイルをドラッグ状態にできるため、指を離しても、ドラッグ状態を維持できる。

これで、思わぬディレクトリにファイルを置いてしまった。

など、意図していないファイル操作になってしまうのを防げる。

移動させたい場所まで、何度でも手を離しても移動を続けられるので、非常に楽。

任意の場所まできたら、1回タップでドラッグ状態が解除できる。

ドラッグロックを実現するための設定は下記の通り。

  1. システム環境設定
  2. アクセシビリティ
  3. マウス/トラックパッド
  4. トラックパッドオプション
  5. ドラッグを有効にする
  6. ドラッグロックあり

快適にドラッグできるようになった。