オーナー撃投ジグレベルのレビュー!驚異のレベルフォール

更新:2019.4.1

目次

ど定番撃投ジグレベル

画像

初めからフックが付いているジグが人気ですが、ある程度、ライトショアジギングをやりこんで来ると、撃投ジグに到達します。 よく釣れるジグであり、使いやすいジグが撃投ジグであり、その中でも最強にアピールしてくれるのが撃投ジグレベルです。

豊富なラインナップ

撃投ジグレベルのラインナップは次のとおりです。 ライトからヘビーまで幅広いラインナップなのがうれしいです。

30g、40g、60g、80g、100g、130g、180g、230g

30g、40g、60gはライトショアジギングにも使えそうな重量です。

タフボーンで丈夫

特徴として、タフボーンという、筋金が中に入っています。 この手の細長いジグをショアで使用していると岸壁、岩、テトラなどにぶつけて変形してしまうことが多々あります。 撃投ジグならタフボーンという一枚板の金属が中に入っているおかけで、曲がるようなことがまずありません。

ジグが曲がってしまうと、アクションがおかしくなってしまったり飛行姿勢が悪くなりますので、助かりますね。 また、ボディーが曲がりにくいことによって、塗装のハゲも防げます。

美しいレベルフォール

実際に使った感じでは、きれいな水平フォールで、ちょっと太平洋側に遠征した時にはソウダガツオがヒットしました。 シャクった後のフォールが水平を保ちつつ細かいローリングで高速で明滅するので、強烈な集魚効果があります。 コレ以外のジグでは釣れないけど、このジグなら釣れるというシーンが少なからずあります。

フックはついていない

残念ながら最初からフックが一本もついていません。 ショアジギングを初めたばかりの人は、初めからフックがついていて「パッケージから出してすぐ使える」商品を選ぶと思います。 本体とは別にフックを買わないといけないのが手間といえば手間ですね。

しかし、より高性能なジグとこだわりのフックを使用する人にとってはフックは付いていないほうがよいです。 釣り場状況やその日狙う魚に合わせてフックをセットアップしたいと考えるので、撃投ジグは「通」好みなジグです。

キャストにはコツが必要

撃投ジグレベルは重心がややセンターよりになっていますので、キャスト時の飛行姿勢が安定しないことがあります。 力任せにキャストするとジグが暴れて横を向いてしまったり、回転してしまったりするので、ロッドの反発をうまくつかてスムーズなキャストを心がけましょう。 飛行姿勢をきれいにできれば細身のボディーなので空気抵抗も少なく、思いの外、飛距離が出ます。

まとめ

フックが初めからついていないのは、初心者にとって敷居が高いですが、実釣能力は抜群にな高いです。 ショアジギングにハマってきたら、ぜひ1本買ってその性能を味わってほしいです。 これぞ本格派のメタルジグというのが体感できるはずです。

釣具インプレ関連記事











これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]