pythonでコードのインポートを行う

2017.3.20

自前のライブラリやpipやeasy_installを使って入れたライブラリを使えるようにimportする方法。

importで参照できる範囲

pipやeasy_installでインストールしたモジュールなどは、通常パスの通っているディレクトリに配置されるので、あまり意識する必要はなく、importの後に名称を書けば使用することができる。

自前で作ったコードやネットから拾ってきたコードは、既にパスの通っている場所に置くか、環境変数に追加するか、sys.pathに追加する必要がある。

自前で作成したコードやネットから拾ってきたコードをsys.pathを使って、importで使えるようにする

sys.path.append()を使用して、importさせたいコードを置いているパスを追加する。

import sys
sys.path.append('ディレクトリ名')

ディレクトリ名には相対パスも使えるので、ちょっとしたスクリプトを配布したい場合、相対パスで指定しておけば本体のコードとセットで環境依存も少なく、配布もしやすい。

import sys

## 同階層のディレクトリの場合
sys.path.append('./ディレクトリ名')

## 一つ上の階層にあるディレクトリの場合
sys.path.append('../ディレクトリ名')

Related.