タチウオをミノー、バイブ、ワインドプラグで釣る方法

更新:2018.5.7

目次

はじめに

タチウオのルアーゲームといえば、ワームを使ったワインドをイメージする人が多いと思いますが、プラグでも負けないくらい釣れます。

今回は、タチウオをミノーを始めとするプラグで釣る方法を紹介したいと思います。

タックル

使用するタックルについて紹介します。

基本的にはワインドで使用しているタックルで問題ないです。

ワイヤーについてですが、個人的にはプラグの釣りをするときは重量物を増やしたくないので、装着してないです。

心配な人は、ワイヤーを付けれるかリーダをフロロの50lb以上などにしておくと安心です。

ワインドプラグで釣る

ワインドプラグがそれほど種類がありません。

メジャーどころでは上の2つです。

種類は少ないですが、プラグの中で一番のおすすめは、陸式アンチョビミサイルになります。

このルアーはワームを使ったワインド並、もしくは、それ以上に釣れる可能性があります。

21gが基本サイズになりますが、ワーム+ワインド用ジグヘッドに比べてフォールがゆっくりなのが効果的なのではと思います。

少し小さいJr.もありますが、通常サイズで指2本半くらいから余裕でバイトしてきますので、あえて小さいサイズにする必要もないです。

釣り方はワインドと同じアクションを行うことで釣れます。

フォールがゆっくりなため、ボトム付近を狙うときは少しだけ手返しが悪くなります。

おすすめカラーは超ケイムラパープルです。

ミノーで釣る

プラグを使う人はプラグ自体が好きな人です。

使用するプラグですが、12cm前後の大きめのサイズが良いことが多いです。

有名所ではこのあたりのプラグを使うと良いです。

シーバスゲームをしている人なら、一つくらいは持っていそうなので、流用可能です。

サイズは12cmを基準に10cmも用意して置くと万全です。

特におすすめなのが、少しリップの長いミッドダイバー系です。

ポイントにもよりますが、先発でミッドダイバー系の1m以上潜行するルアーを使って広範囲をサーチして行くのが良いと思います。

アイマの魚道110MDなども飛距離が出ますし深いレンジを攻められるので良さそうです。

ただ、シーバス用ミノーは高価なものが多いので、歯で傷付けられるのがイヤな人がやめておいたほうが良いです。

バイブで釣る

ミノーよりも深いレンジ、飛距離が必要な場合はバイブを使うと攻め切れます。

バイブは比重もありサイズがコンパクトなので、ほぼ全レンジ攻められるメリットがあります。

ただ、フロントフックとリーダの距離が近いので牙によるラインブレイクが発生する可能性が高いので、対策しておいたほうが良いです。

基本的なアクションですが、これでタチウオは釣れます。

※プラグをメインに書いていますのでメタル系のルアーについては、別の記事で書きたいと思います。

太刀魚をルアーで釣る関連記事



これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]