秋の夜長は太刀魚をルアーで釣ろう!メタルバイブおすすめ!

更新:2017.9.27

目次

強烈なアタリとキラキラと美しい魚体の太刀魚をルアーで手軽に釣る方法について書きたいと思います。

太刀魚をルアーで釣るときのタックル

基本的にはシーバスタックルのMLクラスを流用すれば問題なく釣れます。

ロッド・・・8ft~9ftくらいのシーバスロッドかエギングロッドで20g前後が投げられるもの。

リール・・・シマノ3000番前後、ダイワ2500番前後

ライン・・・PEライン0.6号

リーダー・・・フロロカーボンかナイロンの12lb前後

ワインド専用タックルもいくつか販売されていますが、ルアーフィッシング自体が初心者なのであれば、シーバス、エギングロッドは汎用的なので、使いまわしがききます。

太刀魚をルアーで釣る仕掛け

太刀魚は非常に鋭い歯を持っていますので、ワイヤーリーダーを20cmもあれば十分ですので付けるようしましょう。

ワイヤーがないと、最悪、ルアーを持っていかれてしまいます。

もう一つ、付けた方が良いものとして、ケミ蛍です。

ケミ蛍は長さがいろいろとありますが、75mmのものをワイヤーリーダーに取り付けると良いです。

朝マズメや夕マズメなど、多少なり明かりがある場合は、ケミ蛍はなくても釣れますが、明かりの少ない夜間であれば、ケミ蛍があったほうが良いことが多いので、夜、釣りに行く場合は持っていきましょう。

太刀魚がルアーで釣れる時間帯

ルアーだからといって特別なことはありません。

地域によっては、差はありますが、朝マズメ、夕マズメ、夜間がメインになります。

朝でも夕でも構いませんので、どちらかのマズメを絡めると良い釣果が得られることが多いです。

太刀魚を狙うためのルアー選び

太刀魚をルアーで狙うとなると、必ず聞くのが、ワインドではないでしょうか。

確かに、ワインド釣法の効果は大きいですが、初心や体力に自信がないと、1時間程度でもしゃくり続けるのは大変ではないでしょうか。

ここで、おすすめしたいのは、メタルバイブのただ巻きです。

メタルバイブのただ巻きは、ただ巻きで強烈な波動を出してくれるので、ハイアピールになりますし、飛距離もワインドよりも出ますので、広範囲を探れます。

何より、細かいテクニックが不要なので、手軽で初心者にもやさしいルアーです。

ただ巻きであれば、ミノーでも釣れますが、太刀魚の鋭い歯でプラスチック製のルアーがボコボコになってしまいますので、そういったことも考えてメタルバイブです。

日中のシーバスゲーム、青物狙いにもメタルバイブは使えるので、汎用性が高いです。

太刀魚をメタルバイブで狙うメリット

  1. 広範囲に探れる
  2. 太刀魚にかまれても壊れない
  3. レンジをキープしやすい
  4. ただ巻きでハイアピール

太刀魚は割と獰猛な魚なので、繊細に誘うよりも、広範囲に手早く探っていった方が良い釣果が得られることが多いです。

メタルバイブは20gをメインに軽くしたり、重くしたりしてレンジや巻くスピードを調整すると良いですが、まずは20gからスタートして表層、中層、底を狙っていくと良いです。

メタルジグでも同じような使用方法が可能ですが、ただ巻きのアピールがバイブのほうが良いです。

メタルバイブのメーカーですが、メーカのものじゃないとつれないといったことはないですし、塗装は割と傷つきやすいので、コスパ重視で選んで良いです。

カラーについても好みで選んで良いです。グロー系じゃないと釣れないとか、パープルじゃないと釣れないということはないです。

太刀魚をメタルバイブで狙うときのアクション

ただ巻きで狙います。

リフトアンドフォールやリトリーブにトゥイッチを織り交ぜたりと、いくつかテクニックはありますが、ただ巻きを主体で問題ありません。

まずは、表層から狙っていき、徐々にレンジを深くしていきます。

メインはただ巻きなので、巻くスピードを速くしたり、遅くしたり、たまにストップを入れてアクションに変化をつけるのは効果的ですし、シャクルよりも体力的に随分楽です。

そのほか用意したものが良いモノ

魚を挟むワニグリップ、トング系のものと、ペンチは絶対に持っていた方がいいと思います。

太刀魚が釣れた場合に、針を外さないといけませんが、素手で外そうとすると魚が暴れた時に、鋭い歯で手を切ってしまう可能性が高いので危険です。

必ず、魚をワニグリップなどで挟んで、ペンチで針を外すようにしましょう。

あと、せっかく釣れた魚をおいしく持って帰るためにはキッチンバサミがあると、素早くエラを切って血抜きが出来ます。

タモですが、指3本サイズ程度であれば、PE0.6号で十分抜きあげられますので、ほとんどの釣り場で必要ないと思います。

もし不安であれば、PEの号数を最大で1号くらいまで上げてもいいかもしれませんが、その分飛距離が落ちたり、潮の影響を受けやすくなったりしますので、それとのトレードオフになります。

まとめ

魚が回ってきてさえいれば、だれでも割と簡単にルアーで釣ることができますので、ぜひチャレンジしてみてください。

割と湾奥まで回ってきていたりするので、意外なところで釣れるかもしれません。

それでは、太刀魚の強烈なアタリを楽しんでください。

太刀魚をルアーで釣る関連記事



これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]