NASの選び方

更新:2017.6.6

目次

NASとは

NAS(Network Attached Storage)はLANに接続して使用できる外付けハードディスク。

読み方は「ナス」。

USBなどで接続して使用できる外付けハードディスクに比べて、単独で動作して、ネットワーク内のほかのパソコンやスマホ、最近ではテレビから使用できる。

簡単に言えば、データの保存に特化し、必要最低限の機能のみを残したパソコン。

NASの利用シーン

家の中や、オフィスに一台置いておけば、みんなでデータを共有することが可能になる。

主な利用シーンは、撮影した写真データの保存、テレビで録画したデータの保存、音楽データの保存。

オフィスであれば、システムのバックアップデータや作成した資料、受領した資料の置き場所。

ネットワークにさえつながっていれば利用できるため、Wifiでデータをやり取りすることができる。

NASのメリット

NASの選び方

ネットで調べると数万円から購入できるものから、数十万円、中には百万円くらいするものがある。

大きく分けると、個人用と法人用があり、法人用は個人用に比べて、保存するデータの重要性や同時に利用する人数が多いため、より信頼性の高い仕様になっている。

個人用のNASを選ぶポイント

個人用とは言え、大切なデータを保存するため、出来ればハードディスクは2台以上搭載していて、ミラーリング(RAID0)の機能があるNASを選びたい。

法人用のNASを選ぶポイント

法人用は、個人用のポイントに加えて、速度、信頼性の高いものを選びたい。

できるだけ安く信頼性を高めたい

個人用、法人用、数多くのNASがあるが、特に法人用の製品は非常に高価。

コストを抑えて信頼性を高める方法として、安いNASを2台購入して、片方をバックアップに回す方法がある。

この方法であれば、ディスクの冗長化に加えて筐体も冗長化できるため、1台のHDDが故障してリビルドを行うことになっても、リビルド中にバックアップ側のNASをメインにしておくことで、リビルド中の故障リスクとパフォーマンス低下を回避することができる。

また、うまく仕組みを作ることができれば、2台のNASは型番はもちろんメーカーをそろえる必要がないため、いざ故障した時に、同じ型番が手に入らないといった問題も関係ない。

1台のNASではどうしても、HDDの型番を合わせないといけなかったり、NAS本体が壊れたときに、同じ型番のNASを用意しないといけなかったりするため、この方法は案外、良い方法だと思う。

IT関係関連記事











これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]