シマノ16アルデバランBFSXGに巻くラインは何が良いのか

更新:2019.2.8

目次

はじめに

アルデバランBFSXG画像

16アルデバランBFSで使用するラインについて書きたいと思います。

ナイロンラインはどうなのか

16アルデバランBFSで使用するラインはフロロカーボンが推奨となっています。 よく言われているのが、ナイロンラインを巻くとスプールが変形してしまうようです。 強いテンションをかけてスプールに巻いた状態で、水を吸って直径が太くなるとスプールをかなり強い力で締め付けるため、変形してしまうのだと思います。

とはいえ、ユーザーの中には説明書をよく読まずにナイロンを巻く人もいるだろうし、それでクレームが上がることも考えられますので、ある程度の強度は確保しているのではないかと思われます。 ベイトリールとナイロンの組み合わせは飛距離も出るしバックラッシュもしにくいため使い勝手は良いので、どうしても使いたい場合はテンション弱め&少なめに巻いて使うとスプール変形を回避できるのではないかと思います。 あくまで自己責任ですが。

フロロカーボンも伸びるという点ではナイロンと同じなので、吸水性による影響が大きのかなと思います。

おすすめ度:★☆☆☆☆

フロロカーボンが推奨されているけどどうなのか

16アルデバランBFSに巻くラインはフロロカーボンが想定されています。 8lbが45m巻けるので近距離で軽いルアーを使用する分には十分な量だと思います。

ただ、フロロカーボンラインは比重が1.78とナイロンラインの1.14に比べるとずいぶんと重たいラインになります。 7g台まで軽量化されたスプールに重たいラインを巻いてしまうと、せっかくのスプールレスポンスがスポイルされてしまって気持ちのいいキャストができないかもしれません。 釣り場でひつような距離を考えてスプールパンパンにラインをまかないようにすると快適なフィネスゲームができるのではと思います。

おすすめ度:★★☆☆☆

PEラインを巻くと世界が変わる

推奨はフロロカーボンラインなのでPEラインの使用は自己責任になりますが、個人的にはPEラインを巻くことで超軽量スプールの性能を最大限引き出せると思っています。 PEラインが向いている理由としては、比重が0.97とナイロン、フロロカーボンよりも軽くスプールの重量増加を抑えることができます。

2g程度の軽いルアーをキャストするときにPEラインを巻いた軽量スプールの効果が発揮され、小さな力でスプールが回転し続けてくれるのでストレスなくキャストすることができます。 スプールが重たい状態だと、スプールを回すことにエネルギーを奪われてルアーが水面に刺さるような感じになってしまいます。 ムキになって思いっきりスイングするとバックラッシュしてしまうとうことにもなります。

スプール全体の重量が軽くなると、竿に依存せずに軽いルアーをキャストできることもメリットです。 適正重量よりも軽いルアーをベイトで投げるとリリースタイミングが掴みづらくうまくキャストできないことが多いですが、16アルデバランBFS+細いPEラインであれば棒みたいな竿でも軽いルアーがキャスト可能になります。 バスロッドのMHクラスで2gを快適にキャストできるので、2g〜28gくらいが一本でカバーできるようになり、持ち込むタックルを減らすして快適なランガンができます。

※流石にPE0.4号で28gをキャストすることはおすすめしませんが。

おすすめ度:★★★★★

細いPEラインを巻いて大丈夫なのか

機種にもよりますが、ベイトリールでPEラインを使用するとバックラッシュした際にスプールとボディーの隙間にラインが入り込んでしまうというトラブルが起こります。 16アルデバランBFSにPEラインの0.4号を100m巻いてバックラッシュを何度かしましたが、スプールとボディーの隙間に入ることが発生しなかったので、精度がかなりいいと思われます。 バスワンXTクラスだとPE1.5号でもすきまに入り込んでしまうことが起こっていたので、さすが高級機種といったところでしょうか。

細いPEラインでバックラッシュ

PE0.4号くらいの細いPEラインを巻いたときに起こるバックラッシュですが、3g前後くらいであればバックラッシュしても高切れなることはないです。

15gくらいのルアーになってくるとバックラッシュしたら高確率で高切れになりますが、かなり早い段階でバックラッシュ&高切れ発生します。 普段PE0.4号を100mほど巻いているのですが、バックラッシュからの高切れによって失われるラインは15m前後です。

私の場合はリーダーを5〜10mほど入れているので、失われるPEラインの量は数メートルで済むことが多く、リーダーを多めに持ち込んでおけば高切れ一発で納竿になることはないです。

まとめ

※使用するラインは自己責任でお願いします。

アルデバランBFSをアマゾンで見てみる

釣具インプレ関連記事











これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]