シマノ18アルデバランMGL31HGのインプレ!ソルトライトゲームに最適!

2019.7.1

始めに

アルデバランBFSXG画像

アルデバランBFSを使用していましたが、MGLの方も気になったので購入してみました。 このリールで2g~20gくらいのルアーを使ったソルトライトゲーム視点でインプレです。

スペック

まずはスペックから。

アルデバランBFSと比べると、

アルデバランBFSと比べると、パワーファイトできそうな感じになっています。 ソルトライトゲームで使いたいと思ってアルデバランBFSを所有していましたがラインキャパとフロロカーボン推奨というスプールがネックだったので、ちょうどよい感じです。

搭載されている機能。

アルデバランBFSは「CI4+」だったのに対して「CI4」になっているのが気になりますね。 メインフレーム以外のボディーパーツがCI4だと思われます。 あと、ドラグサウンドがないので好みが分かれそうですが、アルデバランBFSのギアとドラグサウンドの機構を移植できるので、どうしてもという人はカスタムで対応ですね。

画像付きレビュー

アルデバランMGL31HG画像

アルデバランMGLの実際の重量は仕様では135gとありましたが136.5gです。

アルデバランMGL31HG画像

スプール重量はベアリングとブレーキユニット込で、12.5gです。 思ったより軽くないですが、3gのミノーもキャストできるくらいレスポンスはすごくよいです。

アルデバランMGL31HG画像

測る人少ないですが、フタ側は17.5gでした。

アルデバランMGL31HG画像

これまでのサイレントチューンといえばベアリングをバネで押してガタをなくしていましたが、アルデバランMGLではOリング付きのベアリングでガタをなくしているようです。 パーミングカップ側のベアリングも同様にOリング付きの物が入っています。 Oリングなしのベアリングにするとどうなるのか、ちょっと興味ありますね。

シャフトとつながっているとこにも穴が空いてますが、肉厚で強度がありそうです。

アルデバランMGL31HG画像

SVSインフィニティです。

アルデバランMGL31HG画像

溝の深さは、やや浅めといったところでしょうか。

アルデバランMGL31HG画像

SVSインフィニティのブレーキパイプ側です。 オイルを塗る人と塗らない人がいますが、私は薄く油膜を張る程度に塗っています。

アルデバランMGL31HG画像

蓋ですね。アルデバランBFSと形状は同じに見えます。

アルデバランMGL31HG画像

スプールのシャフトがあるところに出っ張りがあってここにベアリング入りますね。 ベアリングのOリングでここが密閉されそうです。

アルデバランMGL31HG画像

シルバーっぽい感じのレベルワインダーです。 ちゃんとメガホン形状になっているので糸が通しやすいです。 飛距離にも多少は貢献しているかもしれません。

アルデバランMGL31HG画像

ハンドル側です。最近の中級グレード以上には装備されている軽量はハンドルです。 ノブは小さいですが握りやすい形状ではあります。

アルデバランMGL31HG画像

おまけで、アーマードF0.6号を150m巻いた重量です。 ちょうど15gで、これくらいのスプール合計重量だと軽いルアーから重たいルアーまで幅広く対応できます。

飛距離テスト

ベイトリールを使う限り飛距離がどのくらい出るのか気になるところです。 実際に手持ちのタックルで飛距離を簡単に測定してみたので、参考になればと思います。

重たいものから軽いものまで遠投性能を確かめてみたいと思います。

ナス重り5号約18g

見事にフルライン放出されて、途中で「カクン」と止まりました。 20g前後のメタルジグを使ったスーパーライトショアジギングで使いたいと思っていたので、満足の行く飛距離が出ました。

重たくて空気抵抗が少ないルアーが気持ちよく飛ぶのは当たり前ですので、軽いルアーを検証していきたいと思います。

シマノ ソアレ ライズショット37F 2.8g

私がメバルでよく使用するフローティングミノーですが、これも20mくらいは確実に飛ばせる感じです。 弾道も浮き上がらずライナーで気持ちよく飛ばせます。

ダイワ 月下美人 夜霧Z 42F 1.9g

私がメバリングで使用するプラグの中では最軽量に位置するルアーです。 飛距離に関しては13m~15mくらいは飛ばせますが、少しバックラッシュしやすくなります。 キャストミスで弾道が上がって風の影響を受けるとバックラッシュします。 シーバスロッドのミディアムライトを使っているので、メバリングロッドなどもう少し曲がる竿にすれば安定すると思います。

ジグヘッド1.5g + ダイワ月下美人ビームスティック1.5インチ

プラグより空気抵抗が減るせいなのか、飛距離は安定して15m前後は飛ばせます。

ジグヘッド0.9g + ダイワ月下美人ビームスティック1.5インチ

なんとか投げられて10m弱という感じです。 ラインを細くして巻量も減らせばもう少し快適になりそうですが、この領域はベイトフィネス専用機に任せたほうがよいと思います。

飛距離テストまとめ

ブレーキ設定ですが、始めは内部を1個ONにしたり2個ONにしたりと変更していましたが、 2g~20gまでのルアーであれば常に内部4個ONで外部ダイヤルだけで調整できます。

これなら、実釣中に蓋を開けて、誤って落としてしまう危険もないでしょう。

全体まとめ

アルデバランMGLについて簡単にまとめると、こうなります。

アルデバランMGLのスプールは12g台でBFSのスプールと比べると軽いものではありませんが、十分レスポンスが高く、遠心ブレーキの気持ちよい伸びを味わえます。 18gシンカーを使った遠投ではスプールの回転がかなり上がるので、30gのメタルジグなどはちょっとベアリングに悪そうな気がします。

遠心ブレーキというだけで、敬遠する人もいますが、MGLスプールとSVSインフィニティの組み合わせなら、軽いものから重たいものまで快適かつ気持ちのよいキャストが楽しめるので、お勧めできます。

アマゾンでアルデバランMGLを見てみる。

Related.