バンタムMGLのインプレ!高剛性オールマイティーリール

2018.6.24

一番の目玉

コアソリッドボディー。

同クラスのリールにはない、一体成型のボディー。 ベイトリールにおいてボディー剛性の高さはすべての面で有利に働きます。

また、1体整形にすることでパーツ点数が減り高剛性コンパクトなボディーにもなります。

メタニウムMGLのボディー構成構成が5パーツなのに対してバンタムMGLは3パーツとなっています。

バンダムMGLをパーミングした感じは1サイズ下のサイズのような握り心地で、手が小さい人でもしっかりと握り込んで使うことができます。 他のリールに比べると、数値上は少し重量は重たいですが、コンパクトなボディーのおかげでそこまで重たく感じません。

パワーギアもエキストラハイギアもある

右巻き、左巻き、両方共ラインナップされています。 ギアのラインナップが幅広いのでローギア派の人、ハイギア派の人どちらの人にも使えます。

ここでPGがラインナップされているのはいいですね。 最近のリールはハイギア化が進んでいますので、ローギアのロープロファイルベイトリールは貴重な存在です。

飛距離はどうか

飛距離に影響するパーツといえば、スプールとブレーキシステムです。

バンタムに搭載されているのは、

一見、最近のMGLリールに搭載されているシステムと同じように見えますが、少しだけ改善されているようで、他の機種に比べて思った安定感が高いようです。

スプール径スタンダードな34mmであるため超遠投を意識しているわけではありませんが、ヘビキャロでもクランクでもオールマイティーに使える使いやすいサイズです。

メタニウムMGLのスプールは、

となっているため、バンタムのほうが深溝であることがわかります。

16lbで100m近く遠投する場合はいいですが、PEラインを使ったり、14lbラインをメインで使う場合は、メタニウムMGL同じキャパにできる、 「夢屋18バンタム MGL 浅溝スプール」を使うといいかもしれません。このスプールを使うと、16lb-80mの糸巻き量にできます。

飛距離に関してよく言われていることが、 バンタムMGLはスプールからレベルワインドまでの距離が短くて飛距離に影響が出るのでは。 実際、メタニウムMGLと比べてもバンタムMGLは短くなっています。

ですが、メガホン状のレベルワインドがメタニウムMGLよりも幅広になっているため、飛距離が落ちるという感じでもないです。

メタニウムMGLと飛距離を比べても引けを取らない。

バンタムMGLのここが一番

バンタムMGLのここが一番いいというところは、巻心地ですね。 コアソリッドボディーとマイクロモジュールギアから生み出される巻心地の良さは、カルカッタコンクエストに肉薄する物があり、シマノらしいヌルヌルした巻きご事を味わうことができます。 ノーマルギア、パワーギアならより気持ちの良い巻心地を楽しめそうです。