サムネイル画像

コスパ最高万能ロッドのディアルーナs96mlをインプレ

2020.2.12

ディアルーナS96MLの基本スペック

まずはディアルーナS96MLの基本スペックから見ていきましょう。

数字的に注目するところは、まず、自重135gというところでしょうか。

前作のディアルーナXRシリーズから比べると最大で約14%(23g)もの軽量化が行われています。

シーバスロッドに限らずロッドは同じパワーなら軽いほどよいと考えていますので、この軽さは重要です。

次に価格が低下で3万円以下、実売だと2万円を切るところですね。

お小遣いで楽しんでいる週末アングラーの人でちょっといい道具をと考えている人には、なんとか手の届く価格なのではないでしょうか。

ディアルーナS96MLのテクノロジー

次はディアルーナS96MLに使われているテクノロジーです。

この部分は数値がされていないので、どうすごいのかわかりにくい部分ではありますが、インプレしていきます。

この3つはロッドのパワーと軽快さにつながる部分で、自重135gで適合ルアーウエイト6〜32gが達成できている理由の1つでしょう。

スペック上、適合ルアーウエイト6〜32gですが、メタルジグの40gをキャストしても問題なくフルキャストできました。

※ 32g以上のキャストは自己責任でお願いします。

また、負荷を変えていないときはシャキッとしていて、キャストのときや魚をかけたときはキッチリ曲がってくれるので扱いやすさも向上しています。

リールシートのフードを締めたとき、リールにピッタリ密着するように締め込むことができます。

ここがピッタリ密着してくれているおかげで、長時間ロッドを握っていても違和感なく釣りを続けられます。

見た目も、スッキリした感じになってかっこいいです。

流石にチタンにはなっていませんが、幅広く普及しているKガイドなのでガイドにラインが絡まるトラブルも少なくなっています。

四季を通して昼夜問わずソルトルアーゲームを楽しめる

ディアルーナS96MLはロッドのカテゴリーこそシーバスロッドですが、魚種を問わず20cmの魚からメータークラスの魚釣りを楽しめます。

代表的なところで、シーバス、チヌ、マダイ、タチウオ、ヒラメ、マゴチ、中型青物などは十分対応できますし、スキル次第ではブリクラスもキャッチできます。

レングスが長いからジグサビキでアジを狙ったり、フロートリグを使ってメバルを釣ったりと、釣り方次第では小型の魚も対応できます。

シーバス釣りメインにしながらも、シーズンがやってきたら気分転換に他の魚種も同じタックルで狙いにいける汎用性の高さがディアルーナS96MLの魅力です。

リールやラインはどうすればいいか

ではディアルーナS96MLに合わせるリールとラインについて紹介します。

ラインはPE0.8号を150m以上巻いておけば、適合ルアーウエイト6~32gくらいのルアーをキャストしても少々のことでは切れませんし、飛距離も十分に出ます。

リールはシマノならC3000番クラスがディアルーナS96MLとのバランスが良く、ギアはお好みでHGかXGを選ぶと良いでしょう。

個人的にはXGがデイゲームの高速巻にも対応しやすいのでおすすめです。

ディアルーナS96MLのまとめ

ディアルーナS96MLのポイントをまとめておきます。

参考になれば幸いです。

アマゾンでディアルーナS96MLを見る

Related.