ちゃんと水洗いしていたのに17エクスセンスDCが腐食した

更新:2019.4.22

目次

まさかの腐食

シマノ17エクスセンスDC腐食

ショックです。

タイトルのとおり17エクスセンスDCが腐食しました。 普段はシーバス釣りなど海で使用していて、使用後は水道水で洗っていましたが、白くなっている部分に気付きよく見ると腐食していました。 海水OKで水洗いしていても腐食するときは属するんですね。

どこが腐食したか

腐食した部分はパーミングカップが本体から外れないようにしている軸の根本のところです。 位置的には水分がたまりやすい部分ではあると思いますが、まさか腐食するとは。 というか、パーミングカップもマグネシウムだったとは・・・

ある意味さすがではあるが、腐食しないでほしいです。

とりあえず修理

現時点では腐食しているものの、取れてしまうような感じでもないので修理する必要はなさそうではありますが、気持ち悪いので修理に出します。 近所の釣具屋に持っていき、水洗いしていたのに腐食しているのはおかしいのではと疑問を投げつつメーカーに送ってもらいました。

期間は1ヵ月ぐらいかかるとのことでした。 結構掛かるなという感じですが、ちょうどシマノのリールメンテナンスキャンペーン中だったので、その影響かなと思いました。

気になる修理費

パーミングカップが5,100円なので技術料が1,600円合計で6,700円(税抜)かかりました。 さすがフラグシップリールですね。部品代が高いです。バスライズが買えてしまいますね。

パーツ交換だけなのか

帰ってきたリールを見ると問題のパーツは交換されて新品になっていました。 パット見はわかりませんでしたが、ネジのところにグリスが塗られていたりベレルワインダーのところにグリスが足させていたりしました。 もしかすると、分解してグリスとオイルくらいは塗ってくれたのかもしれません。

ベイトは水没させて洗う

自己責任にはなりますが、ベイトリールを海で使ったら水道水で水をかけるだけじゃなくてバケツなどに水をいれて水没させてしっかり、内部まで淡水で洗ったほうがいいかなと思います。 エクスセンスDCが腐食して以来、別のベイトリールは水没させて洗っているのですが、巻感が悪くなる様子もなく滑らかな回転が続いています。

まとめ

いくら海水OKと書かれていても、マグネシウムボディーは腐食します 海で使ったらベイトリール内部までしっかり洗いましょう。

アマゾンで17エクスセンスDCを調べる

釣具インプレ関連記事










これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]