エクスセンス レスポンダー109Fのレビュー

2019.4.23

レビュー

シマノ エクスセンス レスポンダー109F

表層を引けるミノーがほしかったので、レスポンダー109Fを購入してみました。 サイレントアサシンでは少しレンジが入りすぎると感じるときは、このレスポンダー109Fで攻略しようと考えています。 AR-Cが搭載してますので飛距離も抜群で割とデイ・ナイト関係なく使っていけるミノーに仕上がっていると思います。

スペックは次のとおりです。

デイゲーム、ナイトゲーム問わずオールマイティーに表層を攻めて行けるルアーがレスポンダーです。 シーバスを釣るとき、釣り場に着いたらベイトの存在を確認するところから始めますが、ボラの子どもみたいにユラユラと泳ぐベイトが入っているときには、このレスポンダーでマッチザベイトです。 水面直下10cm~30cmをスローに引けるため、広範囲を手返し良く攻めるにはレスポンダー109Fが最適です。

フローティング系のルアーは飛行姿勢が悪くなって飛距離が出ないことがありますが、15gという重さとAR-Cのおかげで気持ちよく飛んでいきます。河川やサーフ等、広くて浅いフィールド、街灯が作り出す明暗の際を遠距離から狙っていけるのがよいですね。

向かい風数メートルの状況でキャストしてみましたが、十分な飛距離が出ました。

まとめ

レスポンダーと同じく表層系ルアーのクー100F。

クー100Fの潜行水深が10cm~15cm、レスポンダー109Fが10cm~30cmとなっているため、この2つをローテンションすることで、表層ゲームは完璧です。

レスポンダー149Fという、2回りくらい多きいサイズもあります。

これは、サーフの青物シーズンに使うとよいことがありそうな予感がしますね。

Related.