ネッサリミテッドのインプレ!サーフゲームのフラグシップロッド

更新:2018.6.24

目次

無印ネッサにはないテクノロジー

無印ネッサにはないテクノロジーがかなり多く搭載されています。

スパイラルX コア

エクスセンスインフィニティにも搭載されていて、バットまで曲げきっても折れないものすごい粘りを見せてくれる技術ですね。

サーフでは、ヒラメ、マゴチの他にブリなどの大型青物が釣れる可能性があるため、不意の大物にも安心して対応できそうです。

Xガイド

セフィアxtuneに搭載されていたガイドですね。

サーフゲームの場合、エギングのようにしゃくることは少ないですが、サーフで10ftオーバーのロッドのガイドに絡んだラインを解くのは、中々大変なので、トラブルレスに貢献しそうです。

ガイド自体も小さく軽くなるため、長時間サーフをランガンするときもキャストが安定して疲れにくくなります。

カーボンモノコック

最近のフラグシップモデルにはほとんど搭載されている一体型のエンドグリップですね。

ロッド自体の軽量化にも繋がりますが、ヒラメの僅かなあたりも逃さない感度を手に入れらます。

NANOPITCH

ブランクスを焼き上げる工程で使用する成形テープのラッピングを極めて細かいピッチで施す製法[ナノピッチ]を採用。ブランクスがより均一な圧力で締め上げられるため真円度が高くなり、高強度化に大きく貢献。

Gクロスプロテクター

他のルアーロッドと比べてネッサシリーズは3ピース構造になっているため、継ぎ目の数が一つ多くなります。

この部分の強化はマルチピースロッドにとっては重要な要素になります。

良型のヒラメをたくさんとってもへたりにくいロッドに仕上がっていそうです。

ラインナップ

「S102M」「S1010M+」「S104MH」の3モデル。

すべて11ftアンダーでまとめてきているあたりを考えると、サーフゲームで人気のサイズは10ftクラスで落ち着いているようですね。

基本的にはこの2本が使いやすそうですね。

30g前後くらいのサーフ用ミノー、ジグをオールマイティーに使用できて、そこそこ遠投もできそうです。

S1010M+はS102Mで使用するルアーの飛距離を数メートル伸ばしたいときに使用するのが良さそうですね。

最近のシマノロッドはパワーが細分化してきているので、「M+」などのように少しだけパワーを上げたモデルが販売されていたりします。

スピンビームTGなどのメタルルアーを主体で攻めるときに最適なモデルになります。

レングスは中間的ですが、使用するルアーウエイトが上がるとロッドが長いほどキャストに力が必要になりますので、このくらいの長さがちょうど良いです。

まとめ

サーフゲームにハマりきっている人なら買いのロッドではないでしょうか。

全体的に、各カテゴリのフラグシップロッドに搭載されているテクノロジーがふんだんに投入されているため、ヒラメロッドしても良いロッドですが、10ftオーバーのロッドとしても、かなり優れたロッドに仕上がっています。

値段は確かに高価格帯になりますが、サーフゲームをメインにしているアングラーにとって見れば、コストパフォーマンスのよいロッドと言えるでしょう。

釣具インプレ関連記事











これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]