サムネイル画像

コスパ最高万能リールのストラディックC3000XGをインプレ

2020.2.12

19ストラディックC3000XGの基本スペック

まずは19ストラディックC3000XGの基本スペックから見ていきましょう。

スプールのスペックを除けば一般的な2万円前後で買える中級スピニングリールと同等かなといったところです。

スプルーのスペックを含め、ストラディックの魅力は次の項で説明していきます。

19ストラディックC3000XGのテクノロジー

19ストラディックC3000XGに搭載されているテクノロジーを見ていきましょう。

まずはじめに、2万円前後で購入できるリールだということを頭に入れておきましょう。

強調しているところは、15ストラディックには搭載されていなかったテクノロジーです。

特に注目すべき点は、マイクロモジュールギアⅡロングストロークスプールでしょうか。

これまで上位機種にしか搭載されていなかったテクノロジーが2万円前後で買えるリールに搭載されたのは初めてです。

簡単言うと、マイクロモジュールギアⅡ+サイレントドライブでヌルヌルした気持ちの良い巻心地になり、ロングストロークスプールでルアーが超飛ぶ様になったということです。

発売当初、ロングストロークスプールが搭載されるということで今までステラにしか搭載されていなかった物が2万円台で手に入るのか。

と、ネットでは話題になっていました。

スプールの材質やドラグの性能こそ価格なりの性能ですが、同番手のステラに近い飛距離が出せるのではないでしょうか。

そして、HAGANEボディー、HAGANEギア、ワンピースベール、ねじ込み式ハンドル、ARCスプールといったハードな釣りにも耐えられる必須機能がすべて搭載されています。

15ストラディックに搭載されていたテクノロジーを削ることなく、新しいテクノロジーを追加してきている所が素晴らしいところです。

良いところ

私が19ストラディックC3000XGの良いなと感じるところを書いていきます。

2万円を切る価格で手に入る

実際、アマゾンで購入したときは18000円ちょっとで手に入れることができました。

快適性に関係する最新テクノロジーが入っている

普段、シーバスゲームとライトショアジギングをメインで行っていて、巻心地、飛距離、ボディー剛性に関わる、次の3つが素晴らしいです。

スプールが安い

PEライン1号以下を150m~200m巻いて使うことが多いので、C3000XGのスプールじゃなくて、3000MHGのスプールがほしい。

3000MHGのパーツリストに記載された価格が次の通り。

1万円超えてくると、買うのに躊躇しますが、この価格なら1個くらいなら予備で買ってもいいレベルですね。

ストラディックC3000XG

サイトには書かれていないですが、ローターがラインの巻き込み低減構造になっているのも良いところです。 この部分には、水抜き穴が空いているので、水洗いして中に水が溜まることもなさそうです。

悪いところ

フラグシップと同等を期待してしまう

素材とか設計が別物なのにステラなどのフラグシップと比べられて、ステラのほうが完全にいいじゃん。 とか言われますが、そもそも2万円以下で変えるリールですから比べてはいけません。

C3000MXGがラインナップにない

C3000XGは0.6号くらいのPEラインを使おうとすると下巻きにナイロンライン3号を80mほど入れる必要がありました。 ソルトゲームだとPEラインを使うことが多いので、浅溝設定のXGがほしかったですね。

予備スプールとして3000MHGのスプールを買っても、5,650円ですので、購入するのもありかもです。

釣り場でかぶる確率たかいかも

私がよく行く釣り場ではストラディックをよく見かけます。

2万円前後くらいのリールを使っている人は多そうなので、そのなかでも最新機能満載のストラディック使いが増えるのは必然ですね。

タックルに個性を求める人には向いてないかもです。

19ストラディックC3000XGのまとめ

一言でいうと2万円台でシマノのテクノロジーてんこ盛りリールが手に入ります。

シーバスとライトショアジギングメインでヘビーに使っていこうと考えています。

メンテナンスも基本水洗いだけにして、半年後~1年後くらいにまた感想書いてみようかな。

19ストラディックC3000XGをアマゾンで見る

Related.