シマノ ショートゲームベストのインプレまとめ

2018.2.3

全体的にシンプルですっきりしている

画像

ショートゲームベストということで、ウェーディングゲームも想定した作りになっているようで、たくさんモノを収納するというよりは、 体にフィットして、キャスティングの時に邪魔になるものがありません。

標準装備のポーチ

画像

最近の大型スマホを入れるのは厳しいですが、iphoneでいうところの、7とか8とかなら余裕で入りそうです。plusを入れるのは少し無理があります。

私はちょっとした小物を入れるのに使っています。

右側のポケット

画像

内側のポケットには、VS-3010NDMが一個入れられるくらいの大きさです。

キツイわけでもなく、余裕があるわけでもなく、ちょうどといったところです。

薄めのケースであれば、もう一つくらい入りそうですが、パンパンになって取り出しにくくなりそうなので、できればVS-3010NDM一個で我慢したいです。

画像

外側のポケットは一応、プライヤーを入れる用となっています。

ポケットの中には、D環が付けられていますので、プライヤーと接続して使うことができます。

画像

今のところ装着していませんが、ここにピンオンリールホルダーがついていますので、ラインカッターなどの道具を付けることができます。

左側のポケット

画像

内側のポケットは右側と同様に、VS-3010NDMが一個入れらるくらい位の容量があります。

外側のポケットは、小物を入れられるサブポケットのようなポケットがついています。

画像

横から見た写真です。

大型のD環は両サイドに取り付けられています。

画像

右側の内側には、万が一のためのホイッスルがついています。

指を掛けやすいチャック

画像

メタジグ主体のゲームをするときには、フルフィンガーのグローブをして指先を保護することが多いのですが、この形状のチャックは、グローブをしていても指が掛けやすく、 チャックの開閉がとてもスムーズです。

持つところに「xefo」のロゴが入っているのも、さりげなく好きです。

また、左右両方にD環がついていますので、ここにも何かを接続することができます。

背面

画像

背面は、上部、中部、下部にチャックがあります。

下部は、500mlのペットボトルがぴったり入るサイズになっています。

上部は、結構浅めの作りになっています。この部分は、体が硬いせいか脱がないと届かないため、釣りから撤収するときに使う道具などを入れるようにしています。例えば、魚を持ち帰るときに使う袋とか。

中部は背面では一番容量がありますので、薄めのレインウェアなら入れられそうですが、今のところ特に入れたいものがないので空っぽで使ってます。

全体の使用感まとめ

ショートゲームベストということで、たくさん道具を入れることには向いていませんが、きたときのフィット感や重さを感じにくさは良い感じです。

股紐がありませんが、胴体の部分でしっかり締められるので、落水時に脱げてしまうようなことはなさそうです。

必要最低限の道具を持ち込んで、キャスティングなど動きやすさを求める人には最適なベストだと思います。

デザインもシンプルで質感もいいので飽きがこず、長く使えそうな気がします。

コストパフォーマンスもシマノということもあって、他の人気メーカーに比べると、かなり良いと思います。