ショアラバで使うラインの選び方

2020.2.17

ショアラバの基本はPEライン

ショアラバで使用するメインラインはPEラインが基本になります。

使用するショアラバの重量は20g〜40g程度が多いため、70m以上の飛距離と必ず着底させるため伸びの無いPEラインが使いやすいです。

ナイロンラインやフロロカーボンラインでは遠投した先でマダイなど口の固い魚にフッキングを決めるのは難しいです。

ショアラバの重量とPEライン、リーダーの組み合わせを紹介していきます。

ショアラバ20g前後の場合

20g前後ショアラバを使用する場合は、次の組み合わせが良いでしょう。

ショアラバ30g前後の場合

30g前後ショアラバを使用する場合は、次の組み合わせが良いでしょう。

ショアラバ40g前後の場合

40g前後ショアラバを使用する場合は、次の組み合わせが良いでしょう。

ラインを太くすると

前に紹介した組み合わせからラインを太くする場合について説明します。

メインラインを太くするとこのような効果があります。

飛距離が低下するのはデメリットですが、PE0.8号からPE1.0号に変えることで失われる飛距離は数メートルです。

※個人差あり。

多少の飛距離低下よりも強度を上げて根がかり率を下げたり、フォールスピードを少し落としたいと言う人におすすめです。

ラインを細くすると

今度はラインを遅くしたい場合について説明します。

太いラインに比べるとデメリットっぽい部分が目立ちますが、飛距離が伸びるというメリットが大きいです。

限度はありますが、ショアラバ30gに対してメインラインPE0.6号がギリギリです。

PEライン1号からPEライン0.6号に変更すると10m近く飛距離が伸びます。

ただし、竿のパワーや投げ方など、細糸を使いこなすスキルがない人はやめておいて方が良いでしょう。

キャストした瞬間にラインが切れてショアラバだけ飛んでいく可能性があります。

飛距離以外では潮の影響が少なくなりますので、狙ったところへショアラバをフォールさせやすくなります。

リーダー

ショアラバで使用するリーダーはフロロカーボンかナイロンラインになります。

フロロカーボンは素材が固く水中で見えにくく、伸び始めが遅いという特徴があります。

ナイロンラインは素材が柔らかく、伸びがあるためショックを吸収してれます。

12lb以下のラインを使用する場合はフロロカーボンのほうが使いやすいです。

結束

PEラインとリーダーの結束はFGノットかPRノットで行いましょう。

電車結びなどの非摩擦系ノットだと思わぬところで切れる事があります。

練習すれば強度は安定しますし、他の釣りでも使えますのでぜひ覚えてください。

まとめ

これからショアラバを始めようと言う方で、PEラインとリーダーの組み合わせに迷ったら、次のようにしておけば安定です。

なれてきたり、みなさんがいく釣り場に合わせて太くしたり細くすれば良いです。

ショアラバおすすめ!よつあみG-soulX8アップグレードをアマゾンで見る

Related.