ショアラバで使うロッドの選び方とオススメの紹介

2020.2.19

ショアラバ専用タックルもありますが、他のロッドでも流用可能です。

どんなロッドがショアラバに使えるか紹介していきます。

シーバスロッドを使う

海のルアー釣りをするなら1本は持っておきたいシーバスロッドですね。

シーバスロッドは比較的曲がるロッドが多く、シーバスゲーム自体がリトリーブ主体なので、ショアラバの操作とよく似ていてマッチします。

ショアラバで使用する番手としては次の番手が良いでしょう。

選び方ですが、20g〜30gくらいのタイラバメインの人はML、40g前後まで使いたいという人はミディアムを使うと良いでしょう。

サーフロッドを使う

サーフロッドも各メーカーから登場して選択肢が増えてきました。

10f以上のロッドが多く遠投しやすいという特徴があります。

また、サーフロッドもリトリーブを主体としたアクションが行いやすい設計のものが多いですので、ショアラバでも使えます。

コチラもキャストウエイトが30g〜40gまでのものを選ぶと良いでしょう。

ライトショアジギロッドを使う

ライトショアジギングをメインに楽しんでいるが、たまにショアラバをしたいという人は、ライトショアジギングロッドも使えます。

ライトショアジギングロッドは、シーバスロッドやサーフロッドと比べると重たいですが、その分作りがしっかりしています。

グリップエンドも長いのでキャスト時に力を入れやすく、抜群の飛距離とパワーで安心して使うことができます。

デメリットとしては次の2つ。

ショアラバメインで使うロッドとしては、あえて選ぶ必要は無いかなと感じます。

ショアラバロッドの選び方まとめ

ショアラバで使用するロッドをまとめておきます。

基本的には、9フィート〜10フィートくらいで使用するタイラバをキャストできて、ある程度曲がってくれるロッドが使いやすいです。

シマノならこのロッド

シマノのロッドで実売2万円前後くらいで使いやすいロッドです。

シマノ ディアルーナをアマゾンで見る

ディアルーナはシーバスゲームでは定番のハイコストパフォーマンスロッドです。 軽くてパワーも有り非常に使いやすいです。

シマノ ネッサBBをアマゾンで見る

ネッサBBはシマノのサーフロッドの中では入門者向けの位置づけですが、基本性能を備えたロッドです。 10フィート台でも3ピース構造なので持ち運びもしやすく、抜群の飛距離がでます。

ダイワならこのロッド

ダイワのロッドで実売2万円前後くらいで使いやすいロッドです。

ダイワ ラテオRをアマゾンで見る

ダイワの万能ロッドと言えばラテオです。 19年にモデルチェンジして新しくなり、かなり軽量なロッドに仕上がっています。 比較的曲がり込んでくれるので投げてよし、掛けて良しな初心者にも使いやすいロッドです。

Related.