最近はディスクトップにUbuntuを使っています

2008.7.3

概要

仕事では、Windowsをメインに使っているわけなのですが、自宅のデスクトップマシンにはUbuntuをインストールして使用しています。

Linuxをディスクトップとして使用するのすきなのですが、何が問題かと言うと、ディストリビューションをどれにするかと言うことですね。

以前は、Fedoraをデスクトップマシンとして使用していたのですが、なかなかどうしてカーネルパニックをよく起こしていて、最新のモジュールを試せる代わりに、問題解決に時間を費やすことが多くてストレスがたまったので、Debianにしてみたら、安定しているけど地味な感じで、色々なやんだ挙句、現在はUbuntuを使用するに至っています。

仕事では、たまにRedHat系のLinuxには触れる機会があるのですが、Debian系のLInuxには触れる機会があまりないので、結構困惑したりしてますが、ある意味新鮮で面白いです。

今は、自宅サーバにFedora8を使用しているのですが、Debian系の操作になれてきたら、Debianに乗り換えても良いかも!とか思っています。Fedoraに比べてサーバ用途としては安定していて最適だと思います。

Macを使ってみたい気もしているのですが、何分、購入する資金がないので、余っている資源にLinuxを導入して使用するのが手っ取り早くて、お金もかからないので最高です。

ただ、視覚効果のつけすぎはウザいので気をつけたい。

グニョグニョしすぎ!

UbuntuでThinkPadX60のトラックポイントスクロールを有効にする方法”

mouse-wheel.fdiの作成

sudo vi /etc/hal/fdi/policy/mouse-wheel.fdi

(以下の内容を記述)

<match key="”info.product”" string="”TPPS/2" ibm="" trackpoint&#8221;="">
</match>
<merge key="”input.x11_options.EmulateWheel”" type="”string”">true</merge>
<merge key="”input.x11_options.EmulateWheelButton”" type="”string”">2</merge>
<merge key="”input.x11_options.XAxisMapping”" type="”string”">6 7</merge>
<merge key="”input.x11_options.YAxisMapping”" type="”string”">4 5</merge>
<merge key="”input.x11_options.ZAxisMapping”" type="”string”">4 5</merge>
<merge key="”input.x11_options.Emulate3Buttons”" type="”string”">true</merge>

再起動

sudo reboot

確認

適当にスクロールバーが表示されるアプリケーションを起動して、スクロールをトラックポイント+中央のボタンで行って見てください。

UbuntuのBeep音がやかましいので止めた”

ビッとかブッとか、なんとも表現し辛い音が、不意打ちのように鳴って、ドキドキするので、鳴らないようにしました。

ビープ音を停止する

sudo rmmod pcspkr

これでひとまず、鳴らなく鳴ります。

再起動後も鳴らないようにする

sudo vi /etc/modprobe.d/blacklist

エディターで、この設定ファイルを開いて、以下の行を追加する。

# Beep
blacklist pcspkr

これで、再起動後もBeep音から開放されて幸せに成れそうです!!

Ubuntuで英語インターフェースのまま日本語入力を利用する方法”

以前はUbuntuのインストール時、言語に日本語を選択して、日本語インターフェースを利用していたのですが、最近、仕事で英語版のソフトを利用することが多かったことと、英語インターフェースの方が何となくデザインとして格好いい気がしているのので、英語インターフェースで、日本語入力を行えるようにしてみました。

OSインストール

Ubuntuをインストールする際に、言語を選ぶところがあると思いますが、そこはEnglishを選択。

キーボードは、僕の場合日本語キーボードですので、Japaneseを選択。

scimのインストール

sudo apt-get install scim

anthyのインストール

sudo apt-get install anthy

日本語サポートのインストール

sudo apt-get install language-support-ja

入力インターフェースの設定

sudo vi /etc/X11/Xsession.d/74custom-scim_startup

(以下の設定を記述)
export XMODIFIERS=”@im=SCIM”
export GTK_IM_MODULE=”scim”
export XIM_PROGRAM=”scim -d”
export QT_IM_MODULE=”scim”

これで、次回起動時に「半角/全角」キー、または、「Ctrl+Space」で日本語入力が行えるようになります。

トレイにキーボードのアイコンが表示されますので、細かな設定などはそこから行えます。

UbuntuでM+2P+IPAGフォントを利用する方法”

M+ と IPAフォントの合成フォント

いまいちしっくり来るフォントがなかったものですから、職場の同僚に良さそうなフォントを教えてもらいました。

フォントのダウンロード

ubuntu:xxx% wget -P /tmp/ http://iij.dl.sourceforge.jp/mix-mplus-ipa/25997/mixfont-mplus-ipa-TrueType-20060520p1.tar.bz2

フォントの格納ディレクトリ作成

cd
mkdir .fonts

.fontsに解凍した.ttfファイルを入れる 

ubuntu:xxx% tar xvf /tmp/mixfont-mplus-ipa-TrueType-20060520p1.tar.bz2 -C /tmp/
ubuntu:xxx% mv /tmp/mixfont-mplus-ipa-TrueType-20060520p1/opfc-ModuleHP-1.1.1_withIPAFonts_and_Mplus/fonts/M+*.ttf /home/user/.fonts/

fc-cacheの実行

ubuntu:xxx% fc-cache -f

確認

ubuntu:xxx% fc-list | grep ‘M+’
M+1P+IPA[G:style](http://style.g.hatena.ne.jp/)=regular
M+2P+IPAG circle:style=regular
M+1P+IPAG circle:style=regular
M+1VM+IPAG circle:style=regular
M+2P+IPA[G:style](http://style.g.hatena.ne.jp/)=regular
M+2VM+IPAG circle:style=regular

これで、導入したフォントが使用できるようになりますので、好きなところに設定すればOKです。

Ubuntuのhome下にある日本語表記フォルダーを英語表記にする方法”

Ubuntuを日本語でインストールした場合、homeディレクトリ下に日本語名のフォルダーが自動生成されてしまいます。

Linux環境で、フォルダーが日本語というのは、いまいちイケてませんので、英語表記に変更しましょう。

LANG=C; xdg-user-dirs-gtk-update

これでOK!

UbuntuでDropboxを利用する方法”

Dropboxのサイトに乗っているリポジトリを追加

現在使用しているUbuntuは8.10なので、それに対応したものを追加します

sudo vi /etc/apt/sources.list

(以下を追加)

# Dropbox
deb http://linux.getdropbox.com/ubuntu intrepid main
deb-src http://linux.getdropbox.com/ubuntu intrepid main

nautilus-dropboxをインストール

sudo apt-get install nautilus-dropbox

nautilusの再起動

killall nautilus

dropboxの設定

ここまでの作業が完了すると、タスクバーにDropboxのアイコンが出現するので、右クリック→[Start Dropbox]をクリック。

しばらくすると、ウィザードが立ち上がりますので、新しいアカウントを作るか、既存のアカウントを入力して、作業完了。

後は煮るなり焼くなり。

UbuntuのIPv6を無効にする方法”

IPv6状態確認

ifconfig

結果に、IPv6の情報が表示されるようであれば、IPv6の設定が有効になっています。

aliasesファイルの修正

sudo vi /etc/modprobe.d/aliases
(以下のように修正)
# modified
#alias net-pf-10 ipv6 #コメントアウト
alias net-pf-10 off #追加
alias ipv6 off #追加

PCの再起動

sudo reboot

または

sudo shutdown -r now

確認

ifconfig

コマンドの結果に、IPv6の情報が表示されなくなっていればOKです。

UbuntuでRAMDISKを利用する方法”

先日、Amazonでメモリが安かったので、ThinkPadX60のメモリ1GBから4GBにまで増設してみました。

ところが、僕が使用しているUbuntuは32bitのディスクトップ版ですので、3GBまでしか認識してくれず、とても残念な気分です。

4GBを利用するには、64bit版にするか、イメージをServer版にする方法があるようですが、試しにServer版のイメージを使って見たところ、どうも無線Lanの調子が悪くなってしまったので、辞めました。

そこで、Ramdiskとして使用することにします。

マウント用ディレクトリの作成

$ sudo mkdir /ramdisk

パーミッションの設定

$ sudo chmod 777 /ramdisk

fstabを編集

$ sudo vi /etc/fstab
以下の行を追加する。(1GBを設定してみた。)
# Ramdisk
/dev/shm /ramdisk tmpfs size=1024m 0 0

マウント

$ sudo mount -a

確認

$ df
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
(略)
/dev/shm 1048576 0 1045752 0% /ramdisk

無事、ramdiskがマウントされたようです。

あとは、ここにFirefoxのtmpを/ramdiskに設定するなどすれば、かなり快適になりそうです。